本文へジャンプメニューへジャンプ
大阪人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです
ホーム
大阪人権啓発活動ネットワーク協議会
活動紹介
トピックス
各種行事
人権相談所等のお知らせ
人権関係広報資料
ハンセン病の正しい理解のために
リンク
地域ネットワーク協議会
人権啓発活動大阪地域ネットワーク協議会
人権啓発活動東大阪地域ネットワーク協議会
人権啓発活動堺・南大阪地域ネットワーク協議会
人権啓発活動泉州地域ネットワーク協議会

ホーム > 各種行事 > 第57回(平成21年度)中学生人権作文コンテスト結果 >

ここから本文です

大阪府人権擁護委員連合会長賞「勇気を出して、一歩踏み出そう」

八尾市立志紀中学校 三年 土居 倖実

私はいじめについて考えたことが、今まで何度かあります。それは、私が今までいじめに関わったことが、多かったからだと思います。私はいじめる側にいたこともあるし、いじめを止める側になったこともありました。

どちらの立場に立った時も、人の前では、素直になれず、一生懸命強がってみせていました。でも、頭の中では、明日が来るのが嫌になったり、どうしたらいいのか、悩んだりしたことを覚えています。

私が小学生だった頃のことです。私の友達は、同じクラスのA子のことを嫌がっていました。彼女は、私や他の子にそのことを告げてまわりました。どんなところが嫌なのか、何があって嫌いになったのか、他にもたくさんのことを、毎日のように、私たちに告げ口をしました。すると、私の周りの友達は何をされたわけでもないのに、同じクラスだったA子のことをすごく嫌うようになりました。私は、その時、彼女たちの態度に共感できなかったし、その気持ちが理解できませんでした。

今、その時のことを考えてみると、自分の気持ちを、みんなになぜはっきりと伝えることができなかったのかと、後悔しています。でも、その時は、どうしてもそれが言い出せなかったのです。

私は全く思ってもいなかったことを、みんなと一緒になって、A子に言ってみたり、おもしろくもないのに、さげすむように笑ってみたりするような日々を送っていました。私たちの言動は、日に日におかしくなっていきました。A子が何かをするたびに、目を見合わせて笑ってみたり、大きな声で傷つける言葉を投げかけたり、本当に、今思うとバカだったなと思います。

でも、みんなの中では、自分の気持ちは出せませんでした。そんなふうに過ごしているうちに、周りのクラスメートやA子自身も、私たちの態度がおかしいことに、気付き始めました。すると、誰かが、先生に相談したのでしょう。私たちは、先生に呼ばれ、いろいろなことを聞かれました。でも、私たちは相手のA子が、今までしてきたことばかり、一方的に話し、私たちがA子にしてきたことは、誰も、何も言いませんでした。私たちが悪いことは、絶対に認めませんでした。

その日は、結局、家に帰りました。私は、そこでも、本当の気持ちを先生に言えませんでした。苦しかったです。

本当の自分の気持ちと、今日の態度のギャップで頭の中が真っ白になりました。眠れませんでした。

次の日、私は自分の気持ちを、友達に素直に打ち明けました。友達は私の言葉に耳を傾けてくれました。そして、先生にも私の気持ちを伝えることができるようになりました。
先生は「分かった。言ってくれてありがとう。」と、言ってくれました。

何日かが、過ぎました。ある日、先生が、私に「いじめを止めるのは、あなたしかいない。」といった話をしました。それはとても勇気のいる仕事でした。

この間まで、いじめる側に立って、一緒にA子を見て、笑っていた私が、いじめを止める側に立つなんて、思ってもいませんでした。でも、やるしかないと思い、私はその日に、友達に電話をしました。その時のことは今でもはっきりと覚えています。私の本当の気持ちやいじめられているA子の気持ちを、いっぱい話しました。気が付いた時は、私も泣いていました。でも、その時は、私の本当の気持ちが言えて、嬉しかったです。

その後も、いじめがいきなり消えることはありませんでした。でも、それからの私は素直に自分の気持ちー「やめようや」のことばーが、楽に言えるようになりました。毎日が楽しくなりました。すると、みんなに嫌われていたA子も、私に微笑みかけてくれたり、いっしょに係活動をしたりするようになりました。

そんな私とA子の様子を見ていた友達も、今まで通り、友達としての付き合いをしてくれました。私はそれがすごく嬉しくて、気持ちが楽になっていくのが分かりました。

私が勇気を出して、一歩、踏み出そうとした時、一番怖かったのは、今までの友達のことでした。これからも仲良く付き合ってくれるのかと、本当にそれが怖かったです。でも、私の友達は今まで通りでいてくれました。いきなり立場を変えた私に、何の文句も言いませんでした。

私はこのような経験をして、学んだことがあります。それは、友達どうし、お互いの気持ちをきちんと言い合える関係が、ふだんから、できていれば、私の本音も素直に言え、友達もそれを受けとめてくれるということです。仲間どうし、自分の気持ちが素直に言い合えること。これはいじめをなくしていくために、絶対必要なことだと思いました。

このページの先頭へ