本文へジャンプメニューへジャンプ
越谷人権啓発活動地域ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム >

ここから本文です

当協議会のお知らせ

このページでは、当協議会の活動などをご紹介します。

松伏町において人権の花運動を行いました。

平成28年度は松伏町では3校で人権の花運動を実施しました。

各小学校の朝礼を利用させていただき「人権の花」の贈呈式を行いました。金杉小学校193名、松伏第二小学校478名、松伏小学校325名、合計996名の児童が参加しました。

また、3人の人権擁護委員のから委員の活動についてのお話がありました。

松伏町において人権の花運動を行いました。

作業開始、人権擁護委員の方と一緒にプランターに植栽しました。

松伏町において人権の花運動を行いました。

プランターに花を3株ずつ植えていきます。みんなで協力しあって植栽作業、心と心通じ合います。

松伏町において人権の花運動を行いました。

小学校の校門を入ると、プランターの輪がきれいな花を咲かせています。

越谷市において人権の花運動を行いました。

市内全30小学校の児童を対象として、児童がお互いに協力しあって草花等を栽培し、それをとおして相手の立場を考えること、協力し合うこと、感謝することなどの重要性を学ぶとともに、さらに、その花を多くの人に観賞していただき、子どもたちの思いやりの心を伸ばすことを目的として実施しました。

各校には、花の種や苗等を提供しました。また、代表校3校において、人権擁護委員が参加し、贈呈式及び植栽を行いました。各校では、提供された品を活用し、児童による花の栽培を行いました。

草加市において「草加市人権セミナー」が開催されました。

平成29年2月7日(火)、草加市文化会館1階レセプションルームにおいて、お茶の水女子大名誉教授の宮島喬(みやじまたかし)さんを講師に迎え「こころの国際化を目指して〜ヘイトスピーチから考える〜」と題して、草加市人権セミナーが開催されました。

講演で宮島氏は、外国人の人権問題について、日本の歴史における外国人の捉えられ方の変遷や現在外国人が日本社会の中でどのような位置付けであるかということ、また、ヘイトスピーチの基本的な説明や日本における対応について説明しました。

質疑応答の時間では、複数の参加者から質問が出ており、講演内容に深く関心を持っている様子がうかがえました。アンケート回答の中では、「知らない事が多くあった。」、「現状把握が出来た。」などの意見があった一方、「もう少し色々なことを聞きたかった。」、「埼玉県の実例を知りたかった。」、「ヘイトスピーチの実状などが具体的に知りたかった。」などの意見も見られました。

草加市において「草加市人権セミナー」が開催されました。
草加市において「草加市人権セミナー」が開催されました。
草加市において「草加市人権セミナー」が開催されました。
草加市において「草加市人権セミナー」が開催されました。

三郷市において「人権啓発講演会」が開催されました

平成28年11月5日(土)三郷市文化会館小ホールにおいて、人権啓発講演会を開催しました。

講師には、NHK教育テレビ(Eテレ)で「手話ニュース」のキャスターを務める関西福祉大学客員教授の中野佐世子さんを迎え、「心のバリアをはずして」と題して講演していただきました。

平成28年4月に障害者差別解消法が施行され、誰もが障がいのあるかたに対する正しい認識を持つことが求められています。

講演では、多様な個性を持つ人たちの誰もが安心して暮らせる社会にするために、身近にあるマークや具体例を交えながら、その意識の持ち方や行動について、分かりやすくお話ししていただきました。

また、講演に先立って行ったアトラクションでは、三郷市立前谷小学校の児童が、中野佐世子さんに直接指導していただいた手話を交えた合唱と、力を合わせた群読を披露してくれました。

当日は、約180名のかたにご参加いただき、終了後のアンケートでは、「いろいろな障がいについての話で、改めて分かったことがたくさんあった」「とても分かりやすく話して頂けたので、理解しやすく、ためになった」「積極的に行動したいと思った」等の感想が多数寄せられました。

三郷市において「人権啓発講演会」が開催されました
三郷市において「人権啓発講演会」が開催されました

草加市において「草加市男女共同参画フォーラム2016」が開催されました。

平成28年11月26日(土)草加市立中央公民館2階ホールにおいて、渥美由喜(あつみなおき)さん(内閣府少子化危機突破タスクフォース政策推進チームリーダー,厚生労働省政策評価に関する有識者会議委員)を講師に迎え「女男(ひと)の生き方・バランスのとり方〜自らの育児・介護・仕事の両立を通じて〜」と題して、講演会が開催されました。

講演では、ご自身の会社勤務の一方で取り組んだ育児や介護を語っていただくと同時に、「仕事」と「生活」の調和をとり、その両方を充実させる働き方、ワークライフバランスが女性と男性の双方にとって、自分らしく生きるためにとても大切であることを、分かりやすくお話ししていただきました。

当日は117名の方にご参加いただき、アンケートでは「運命を受け入れるという言葉は、はげみになりました。」「ポジティブな考え方を常に持つことの大切さをあらためて感じました。」等の感想が寄せられました。

草加市男女共同参画フォーラム2016   草加市男女共同参画フォーラム2016

八潮市において人権講演会を行いました。

平成29年1月17日(火)、八潮メセナにおいて、全国webカウンセリング協議会理事長の安川雅史氏を講師に招き「不登校・ひきこもりの子どもへの対応〜家庭での関わり方〜」と題して人権啓発講演会を開催し、一般市民や小中学校PTA、民生委員など125名の皆さんが参加されました。

講演では、安川氏が「子どもが不登校になったら、ひきこもりになったら、どう対応したらいいか。」など、家庭と学校の両面から事例を交えて、わかり易く話されました。

アンケートでは「具体的でわかりやすかった」、「講演にひきこまれ、響くものがあった」などの意見が多く寄せられ、「人権問題についての関心や理解は深まりましたか」という問に対しては、ほとんどの方から「深まった」と回答いただきました。

また、講演会終了後には、希望者36人により3班に分かれてグループワークが実施され、活発な話し合いが行われました。

人権講演会   人権講演会
人権講演会    

3班に分かれてグループワーク

   

吉川市において人権の花運動を行いました。

平成27年度、吉川市では市内小中学校全11校で人権の花運動を実施しました。

9月8日には代表校の吉川市立栄小学校で人権の花の贈呈式を行い、児童の皆さんと人権擁護委員が一緒にナデシコなどの花苗をプランターに植栽しました。

当日は福祉ボランティア委員会の児童25人が参加してくれました。

はじめに、人権擁護委員の山ア秀晃委員より、人権擁護委員の活動についてのお話がありました。

吉川市において人権の花運動を行いました。    

市内造園業者の方から植え方や苗の種類について説明を聞き、花苗をプランターに植栽しました。

  吉川市において人権の花運動を行いました。
吉川市において人権の花運動を行いました。  

当日は雨のため、体育館での作業になりました。

吉川市において人権の花運動を行いました。  

みんなで協力して花を育てることにより、子どもたちに思いやりの心と豊かな情操が育まれることを願っています。

八潮市において人権の花運動が行われました。

平成27年9月24日に八潮市立八幡小学校・柳之宮小学校において、人権の花贈呈式及び花の苗の植え付けを行いました。

人権擁護委員の恩田聿脩委員、昼間悦子委員、荒舩まさ子委員、戸代谷伊祢男委員が2校を訪問し、児童たちと一緒にサルビア、ベゴニアなどの花の苗やチューリップ、スイセンなどの球根をプランターに植え付けました。

児童たちは、花の苗などを自分たちで植えること、育てることにより、思いやりの心や命の大切さを学びました。

また、ご協力をいただいた地域のボランティアの方々に、児童たちが人権の花運動の趣旨を説明することで、人権意識の高揚を図ることができました。

八潮市において人権の花運動が行われました。

人権の花贈呈式が行われました。

八潮市において人権の花運動が行われました。

みんなで作業開始です。人権擁護委員から花の植え方の指導があり、一緒に植え付けを行いました。

皆さんご苦労さま。作業完了です。

すてきな寄せ植えができました。きれいな花が咲くように、毎日の水やりをお願いします。

三郷市において人権の花運動を行いました。

平成27年9月25日に三郷市立新和小学校において、人権の花運動を行いました。

三郷市の人権擁護委員の根岸義治委員、山嵜静江委員、石井秀誉委員、有田るみ子委員が学校を訪問しました。

当日は小雨の降る中、4学年の129名の児童たちが参加してくれました。

三郷市において人権の花運動を行いました。
三郷市において人権の花運動を行いました。  

人権擁護委員について根岸義治委員から説明があり、石井秀誉委員から命の大切さ、人権を尊重する大切さ、人権の花運動の趣旨について説明がありました。

三郷市において人権の花運動を行いました。  

山嵜静江委員から花の植え方を教わりながら、児童たちは花を傷つけないように優しくポットから取り出して、心をこめて、プランターへの植え替え作業を行いました。

三郷市において人権の花運動を行いました。  

植えられたお花を大切に受け継ぎ、新和小学校の児童たちが心豊かに人権感覚を継続して養われていくことを願っております。

春日部市において「平成27年度 市民アカデミー」を開催しました。

平成27年10月22日、春日部市民文化会館で「平成27年度 市民アカデミー」を開催しました。

講演会では、「渋谷区男女平等・多様性社会推進会議」委員の杉山 文野(すぎやま ふみの)さんに「LGBTってなに?〜性の多様性と人権について〜」というテーマで、自らの経験や、性に悩みを抱える人たちを支える活動の様子などをお話いただきました。参加者からは「LGBTについて話を聞く機会がなかったので、とても勉強になった」、「考え方が変わった」などの感想が数多く寄せられ、実りある一日になった様子でした。

また、児童・生徒による人権作文の発表では、思いやりや、しっかりとした意見を持った児童・生徒の作文に「感動して涙が出た」などの感想が寄せられました。市内小学校・中学校の児童・生徒による人権ポスターの展示では、77点の個性光る作品が飾られ、多くの人が足を止めて見入っていました。

春日部市において「平成27年度 市民アカデミー」を開催しました。

このページの先頭へ

埼玉県人権啓発活動ネットワーク協議会