本文へジャンプメニューへジャンプ
埼玉県人権啓発活動ネットワーク協議会

ホーム > 各種行事 > 人権教室

ここから本文です

大宮アルディージャと連携・協力した人権啓発活動について

平成29年9月16日(土),昨年度に引き続き,熊谷スポーツ文化公園陸上競技場において,大宮アルディージャの試合観戦にご来場された方々に対して,人権啓発活動を行いました。今回の啓発活動のキャッチフレーズは「あなたが世界のかけ橋に−外国人への差別をなくそう!−」とし,多くの方に外国人の人権問題について考え,理解を深めていただきました。

人権啓発ブースにおいて,大宮アルディージャ選手のサイン及びメッセージ入り色紙の掲示を行いました。これらの色紙については,当日応募していただいた来場者にプレゼントする予定です。

大宮アルディージャ選手のサイン及びメッセージ入り色紙の掲示

メッセージフラッグには,事前に大宮アルディージャ監督及び選手のほか,上川陽子法務大臣,上田清司埼玉県知事,名執雅子法務省人権擁護局長,石山順一さいたま地方法務局長,栗山昇埼玉県人権擁護委員連合会会長からメッセージをいただきました。

当日,来場した方々にメッセージフラッグへの人権メッセージの書き入れなどを行いました。


メッセージフラッグへの人権メッセージの書き入れ メッセージフラッグへの人権メッセージの書き入れ

また,スタジアムの開場時刻に合わせて,先着5000名様にビニールワンショルダーバッグの配布を行いました。このバッグは今回の啓発に合わせて作成されており,大宮アルディージャのクラブマスコット「アルディ」&「ミーヤ」と,埼玉県のマスコット「コバトン」&「さいたまっち」,法務省人権イメージキャラクター「人KENまもる君」&「人KENあゆみちゃん」がコラボしています。配布していた人権擁護委員と言葉を交わしながら喜んで受けとっていただいている様子が見受けられました。配布活動中には,人権イメージキャラクター「人KENまもる君」,「人KENあゆみちゃん」も登場しました。

「人KENあゆみちゃん」も登場 ビニールワンショルダーバッグ

試合開始前には,来場者の方へ向けて,人権擁護機関の役割と外国人に関する人権侵害を受けた際の相談窓口についてお知らせしました。


来場者の方へ向けて,人権擁護機関の役割と外国人に関する人権侵害を受けた際の相談窓口についてお知らせ

また,試合のハーフタイムでは,横断幕をもち,トラックを周回しながら人権尊重の重要性・必要性について発信しました。

横断幕をもち,トラックを周回しながら人権尊重の重要性・必要性について発信

横断幕をもち,トラックを周回しながら人権尊重の重要性・必要性について発信

このページの先頭へ