本文へジャンプメニューへジャンプ
道央人権啓発活動ネットワーク協議会

「みんなで築こう 人権の世紀」
〜考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう 違いを認め合う心〜

ここから本文です

ホーム > 主な啓発活動 >

平成29年12月5日(火)サッポロファクトリーで開催された「全国中学生人権作文コンテスト札幌地方大会表彰式」の終了後,北海道が行う人権啓発活動地方委託事業の一環として,北海道日本ハムファイターズ・中島卓也選手と北海道コンサドーレ札幌・進藤亮佑選手を1日人権擁護委員にむかえ,「じんけん★思いやりトークショー」を開催しました。

じんけん★思いやりトークショー

1日人権擁護委員の委嘱を受けた両選手

 両選手を1日人権擁護委員として委嘱するセレモニーの後, 「じんけん★思いやりトークショー」が行われ,両選手から,今シーズンの感想と来シーズンへの意気込みとともに,人権に関する話題として,チームメイトとのコミュニケーションの大切さや相手をリスペクトすることの大切さを語ってもらいました。

また,作文コンテストの受賞者からの質問にも答え,両選手が絶妙のかけ合いを披露し会場を大いに沸かせていました。

チームの垣根を越えた連携トークで会場を沸かせる両選手

イベントの最後を飾る締めくくりとして,サッポロファクトリーアトリウム内にあるクリスマスツリーの点灯式を行い,これに合わせて札幌市立真栄中学校合唱部によるすばらしい歌声が披露されました。

点灯されたクリスマスツリー前にて 札幌市立真栄中学校による合唱

点灯されたクリスマスツリー前にて

札幌市立真栄中学校による合唱

このページの先頭へ