本文へジャンプメニューへジャンプ
道央人権啓発活動ネットワーク協議会

「みんなで築こう 人権の世紀」
〜考えよう 相手の気持ち 未来へつなげよう 違いを認め合う心〜

ここから本文です

ホーム > 主な啓発活動 > 中学生人権作文コンテスト

全国中学生人権作文コンテスト

次代を担う中学生が人権問題に関する作文を書くことによって,人権尊重の重要性及び必要性についての理解を深めるとともに,豊かな人権感覚を身につけることを目的として,昭和56年度から法務省及び全国人権擁護委員連合会が実施しています。

平成29年度「第37回全国中学生人権作文コンテスト札幌地方大会」
札幌地方大会実施要領
平成28年度「第36回全国中学生人権作文コンテスト札幌地方大会」

平成28年度は,全国7,338校の中学校から972,553編の作品が寄せられました。

札幌法務局管内においては,129校の中学校から,いじめの問題,障害者に関する人権問題や戦争と平和に関すること等を内容とした5,076編が寄せられ,次のとおり入賞作品が決定しました。

「第36回全国中学生人権作文コンテスト」札幌地方大会入賞作品
作品名 学校名 学年 応募者氏名
最優秀賞
(札幌法務局長賞)
死を受け入れるということ  札幌市立柏中学校 2 八巻 愛花
優秀賞
(札幌人権擁護委員連合会長賞)
吃音と生きる  白老町立白老中学校 2 大場 彩香
優秀賞
(北海道知事賞)
私の笑顔で  江別市立大麻東中学校 2 古田 夏帆
優秀賞
(北海道新聞社賞)
手腕の傷  岩見沢市立東光中学校 3 太田 夢唯
優秀賞
(NHK札幌放送局賞)
「女だから」  室蘭市立桜蘭中学校 3 佐々木 悠奈
優秀賞
(北海道教育委員会教育長賞)
国境を越え,感じたこと  苫小牧市立凌雲中学校 2 大菅 菜々子
優秀賞
(北海道PTA連合会長賞)
発達障害の弟  恵庭市立恵明中学校 2 野口 友梨
優秀賞
(北海道日本ハムファイターズ賞)
曾祖母は語る
−樺太からみる平和への思い−
 小樽市立菁園中学校 3 小山 はな
優秀賞
(北海道コンサドーレ札幌賞)
女子だけど  千歳市立北斗中学校 2 藤本 理沙
優秀賞
(レバンガ北海道賞)
一人一人の基準  北海道教育大学附属札幌中学校 2 松原 早咲
奨励賞 気遣いを  恵庭市立恵北中学校 3 武田 成未
奨励賞 僕の指揮  江別市立江別第二中学校 1 吉川 友博
奨励賞 キリバスの英雄と豊かさの代償  札幌市立屯田北中学校 3 合田 捷人
奨励賞 助け合える社会へ  江別市立野幌中学校 3 中村司
奨励賞 笑顔と広い心をもって  札幌市立柏中学校 1 伊原 綾花
奨励賞 そう思う人の一人。  札幌市立美香保中学校 2 儀同唯
奨励賞 戦争のない世界へ  江別市立野幌中学校 3 松川 明広
奨励賞 みんな,おんなじ  長沼町立長沼中学校 3 倉田 友美
奨励賞 弟が遺したこと  長沼町立長沼中学校 3 朝倉 天晴
奨励賞 勇気を持って行動すること  長沼町立長沼中学校 3 高瀬 樹音
奨励賞 失敗の傷  長沼町立長沼中学校 3 亀宿文
奨励賞 障がいをもつ人が尊重される社会に  滝川市立明苑中学校 1 外崎 拓海
奨励賞 言葉  滝川市立明苑中学校 2 堤まこ
奨励賞 あだ名  砂川市立砂川中学校 2 三浦 可那絵
奨励賞 子どもの人権について  滝川市立江陵中学校 3 宮本 果林
奨励賞 弟の障害  室蘭市立桜蘭中学校 3 逸見 桃花
奨励賞 普通とは  室蘭市立桜蘭中学校 3 石川 和海
奨励賞 「どんな人でも」  北海道登別明日中等教育学校 3 久万田 夢彩
奨励賞 今,私たちができること  白老町立白老中学校 2 竹林 春采
奨励賞 理由なき区別は差別である  白老町立白老中学校 1 工藤 ひまり
奨励賞 言葉と大きな差別  新ひだか町立静内第三中学校 3 佐々木 美月
奨励賞 障害者への偏見について  えりも町立えりも中学校 2 安田遥
奨励賞 心を通わせられたなら  小樽市立朝里中学校 2 杉山奏
奨励賞 人間らしく生きるために  ニセコ町立ニセコ中学校 3 青木 萌乃佳
奨励賞 野球部の女子マネージャー  倶知安町立倶知安中学校 3 松 萌夏
人権イメージキャラクター:人KENまもる君と人KENあゆみちゃん

平成28年度「第36回全国中学生人権作文コンテスト札幌地方大会表彰式」

平成28年12月2日(金)午後2時30分から,サッポロファクトリーにおいて,札幌地方大会表彰式が開催されました。

表彰式では,最初に最優秀賞(札幌法務局長賞)の表彰状が喜多局長から受賞者へ手渡され,続いて優秀賞9名への表彰状が,各賞の代表者から受賞者へ手渡されました。

北海道コンサドーレ札幌賞と北海道日本ハムファイターズ賞の表彰では,式典に合わせてコンサドーレの石井謙伍選手とファイターズの中島卓也選手が入場し,両選手から各受賞者へ表彰状が手渡されました。

その後,最優秀賞を受賞した札幌市立柏中学校の八巻さんから,気持ちのこもった作品の朗読が披露されました。

表彰 最優秀賞作品の朗読
最優秀賞の表彰 最優秀賞作品の朗読
全体写真
全体写真(中央左にコンサドーレ石井選手,右にファイターズ中島選手)

表彰式終了後,コンサドーレ石井選手,ファイターズ中島選手を1日人権擁護委員として委嘱し, 「じんけん★おもいやりトークショー」が行われました。

トークショーでは,両選手から,今シーズンの感想と来シーズンへの意気込みとともに,人権に関する話題として,チームメイトとのコミュニケーションの大切さや相手をリスペクトすることの大切さを語ってもらいました。また,受賞者からの質問にも答え,会場を沸かせていました。

トークショー サッポロファクトリー
トークショーで受賞者の質問に答える中島選手 サッポロファクトリー アトリウムの観衆が見守る中で

イベントの最後を飾る締めくくりとして,サッポロファクトリーアトリウム内にあるクリスマスツリーの点灯式を行い,これに合わせて札幌市立真栄中学校合唱部によるすばらしい歌声が披露されました。

ツリー点灯 札幌市立真栄中学校による合唱
受賞者全員でツリー点灯 札幌市立真栄中学校による合唱


このページの先頭へ