本文へジャンプメニューへジャンプ
道央人権啓発活動ネットワーク協議会

「みんなで築こう 人権の世紀」
〜考えよう 相手の気持ち 育てよう 思いやりの心〜

ここから本文です

ホーム > 協議会紹介 >

札幌法務局・札幌人権擁護委員連合会のページ

札幌法務局

札幌法務局のホームページへリンク

登記、戸籍、国籍、供託、国の利害に関係のある訴訟活動など国民生活に密接な関係のある仕事をする法務省の地方組織の一つです。

札幌人権擁護委員連合会

平成21年4月1日現在、管内291名いる人権擁護委員相互の連絡・調整を図り、任務の円滑な遂行を目的とする組織です。

人権擁護委員とは

人権擁護委員は、選挙権をもつ市町村の住民の中から、広く社会の実情に通じ、人権の擁護に理解のある人で、市町村長が推薦し、法務大臣が委嘱をした人です。

そして、人権擁護委員は、それぞれの市町村で国民の基本的人権が侵害されないように監視し、もし侵害があった場合には、被害者の相談相手となり、侵害行為の相手方に対して、人権の大切さを説くなどして侵害行為を止めさせるなどの救済処置を講じます。また、人権侵害を未然に防止するため、人権の尊さ・大切さ等のPRにも努めています。

北海道内には、約700名の人権擁護委員がおり、中立・公正な立場で法務局と連携しながら、皆さんの人権を守るため様々な活動をしています。もし、人権問題でお困りの場合は、お気軽に近くの人権相談所に御相談下さい。相談は無料で相談者のプライバシーは守られます。

人権相談所は法務局(支局も含む)に常時開設されているほか、市町村役場あるいはデパート等でも臨時に開設されています。

あなたの街のどこかで・・・

人権擁護委員は、あなたの街でも活動しています。
人権についての困りごと、心配ごとは、お近くの人権擁護委員にお気軽にご相談ください。

人権調整専門委員

人権調整専門委員は、人権侵害があると認められる場合で、当事者間に紛争が発生していて、人権擁護機関が中立・公正な立場から、事実関係、双方の主張を確認した上で、その主張や利害を調整することで侵害を排除するとともに、感情的対立を解消するなどして、その紛争が解決するための取組を行っています。

このページの先頭へ


ご意見ご感想はこちらへ
netjinken-sapporo@abelia.ocn.ne.jp