本文へジャンプメニューへジャンプ
滋賀県人権啓発活動ネットワーク協議会

ホーム > 啓発活動のご紹介 >

ここから本文です

Bリーグ滋賀レイクスターズと連携した啓発活動

滋賀県人権啓発活動ネットワーク協議会では、より多くの人に“人権”の大切さについて考えてもらうため、Bリーグ滋賀レイクスターズと協力して啓発活動を行います。

シーズン期間中、滋賀レイクスターズのホームゲームにおいて、人権啓発グッズやチラシの配布や、人権啓発ブースの出店などの啓発活動を予定しています。


滋賀レイクスターズ選手と人権イメージキャラクター 人KENまもる君・あゆみちゃんによる人権教室

平成29年度の開催結果

スポーツを通じて人権を考える取組の一つとして毎年県内各地で「じんけんオープンスクールwithレイクスターズ」を開催しています。平成24年度からスタートして,6年目となります。本年度は野洲市と高島市の2カ所で開催しました。

○野洲市開催

じんけんオープンスクール with 滋賀レイクスターズ01平成29年6月3日(土),滋賀レイクスターズの#6長谷川智伸選手,#13菅原洋介選手,#34狩野祐介選手の3選手を迎え,野洲市内の野洲中学校,野洲北中学校,中主中学校から約100名のバスケットボール部員に参加していただき,また野洲市教育委員会のご後援もいただき,盛大に開催することができました。

最初に,滋賀レイクスターズの3選手によるバスケットボールクリニックが行われました。ドリブル,パス,シュートに分かれての技術指導やフリースロー大会,3on3と盛りだくさんの内容でした。プロの選手から直接指導を受け,子どもたちも積極的に質問していました。フリースロー大会では勝ち残った男女一名ずつにレイクスオリジナルグッズが選手たちから直接プレゼントされました。滋賀レイクスターズ選手との3on3では,希望者が選手と対戦し,応援する仲間から大きな声援が送られました。

じんけんオープンスクール with 滋賀レイクスターズ02
じんけんオープンスクール with 滋賀レイクスターズ03

じんけんオープンスクール with 滋賀レイクスターズ04その後,人権擁護委員による「人権○×クイズ」が行われました。クイズでは,無料通話・メールアプリ「ライン」でのいじめ問題や,点字ブロックの問題が出題され,レイクスの選手も参加して大移動しながら考え,学んでいただきました。

さらに,レイクス選手との「人権トーク」が行われ,子どもたちは最後まで真剣に聞き入って,選手たちに質問したりしていました。選手からは,自分の体験を通して互いに励まし合い支え合うことの大切さを話していただきました。

最後は全員で記念撮影し,花道を作って選手を見送りました。プロの選手たちとスポーツを通してお互い支え合う大切さなどを考える素晴らしい一日となりました!

じんけんオープンスクール with 滋賀レイクスターズ05

○高島市開催

平成29年8月5日(土),本年度2回目の「じんけんオープンスクールwithレイクスターズ」を高島市立安曇川中学校で開催しました。

じんけんオープンスクール with 滋賀レイクスターズ01この日は,滋賀レイクスターズの#8田中大地選手,#13菅原洋介選手,#23横江豊選手の3選手を迎え,高島市内の安曇川中学校,高島中学校,湖西中学校から約75名のバスケットボール部員に参加していただき,また高島市教育委員会のご後援もいただき,盛大に開催することができました。

バスケットボールクリニックの時間は,子どもたちがプロの選手からの指導を熱心に聞く姿や,プロの選手に対等に立ち向かっていく頼もしい姿が見られました。


じんけんオープンスクール with 滋賀レイクスターズ04人権擁護委員による「人権○×クイズ」では,視覚障害者が使う「白杖」が紹介されたり,北朝鮮の拉致問題が取り上げられたりと,幅広い人権問題について,子どもたちと選手が一緒になって考え学びました。

選手との人権トークでは,菅原選手から,バスケットボールだけでなく,人権のことも含めていろいろなことを学びながら成長していってほしいという話がありました。

記念写真はレイクスからプレゼントされたうちわを持って撮りました。

じんけんオープンスクール with 滋賀レイクスターズ05

ご協力いただきました関係者の皆様,本当にありがとうございました!


このページの先頭へ