本文へジャンプメニューへジャンプ
滋賀県人権啓発活動ネットワーク協議会

ホーム > 今までの活動結果は? >

ここから本文です

東レアローズと連携した啓発活動

平成29年8月5日(土),安曇川総合体育館にて,高島市内の小中学生約100名が参加し,「平成29年度(第15回)バレーボールフェスティバル」が開催されました。滋賀県人権啓発活動ネットワーク協議会では,当フェティバルにおいて,滋賀県バレーボール協会と実業団バレーボールチーム「東レアローズ」の協力を得て,【東レアローズの選手による人権トーク】と【人権擁護委員による人権教室】を実施しました。

【人権トーク】

東レアローズの選手の皆さんからお話しいただきました

チームスポーツであるバレーボールを通じて,苦難を乗り越え夢を実現することの素晴らしさや,お互いに相手を思いやることの大切さを,選手の皆さんからお話しいただきました。


【人権擁護委員による人権教室】

人権イメージキャラクター「人KEN まもる君」「人 KEN あゆみちゃん」のウォークバルーンが登場し,人権教室が開催されました。

「人KEN まもる君」「人 KEN あゆみちゃん」が登場
東レアローズの選手の皆さんからお話しいただきました

「人 KEN まもる君」「人 KEN あゆみちゃん」の寸劇を通して,人権擁護委員からの「一人で悩まないで!」というメッセージを届けました。


このページの先頭へ