本文へジャンプメニューへジャンプ
栃木県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム > 活動報告 > 栃木SCと連携・協力した啓発活動 >

ここから本文です

栃木SCと連携・協力した啓発活動

宇都宮地方法務局と栃木県人権擁護委員連合会では平成27年10月25日(日),栃木SC対東京ヴェルディの試合会場(グリーンスタジアム)で啓発活動を行いました。入場ゲートでは啓発物品の配布を行い,コート内ではハーフタイム時に,スタンドを埋めた9300名余りの観衆を前に,「いじめNO!フェアプレーがかっこいい」,「いじめにレッドカード!」の横断幕を掲げ,「人KENまもる君」と「人KENあゆみちゃん」を先頭に啓発のアナウンスが流れる中で行進しました。また,アンケートに答えると栃木SCの全選手と監督のサイン入りLフラッグが当たる抽選会も実施し,よりインパクトのある啓発活動ができたのではないかと思います。

試合会場入り口付近での啓発

 

通路での啓発ボ

入場ゲートでの啓発物品配布

横断幕を掲げての啓発(コート内

ハーフタイム時に啓発アナウンスが流れる中横断幕を掲げての啓発(コート内)

このページの先頭へ