本文へジャンプメニューへジャンプ
栃木県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム > インフォメーション >

ここから本文です

「人権週間」とは

「世界人権宣言」は,基本的人権及び自由を遵守し確保するために,世界のすべての人々とすべての国々とが達成すべき共通の目標として,昭和23年(1948年)12月10日の第3回国際連合(以下「国連」という。)総会において採択されました。

国連は,世界人権宣言採択を記念して,採択日の12月10日を「人権デー(Human Rights Day)」と定め,加盟国に対し,人権擁護活動を推進するための各種行事を実施するよう要請しています。

法務省及び全国人権擁護委員連合会は,関係機関等の協力を得て,「人権デー」を最終日とする1週間(12月4日から12月10日まで)を「人権週間」と定め,世界人権宣言の意義を訴えるとともに人権尊重思想の普及高揚に努めています。

「人権週間」強調事項

(注)性的指向とは,sexual orientationの訳語であり,性的意識の対象が異性,同性又は両性のいずれに向かうかを示す概念のことで,具体的には,異性愛,同性愛,両性愛を指します。

このページの先頭へ