本文へジャンプメニューへジャンプ
栃木県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム > 活動予定 >

ここから本文です

平成29年度全国中学生人権作文コンテスト栃木県大会 実施要領

1 名称

平成29年度全国中学生人権作文コンテスト栃木県大会

2 主催

宇都宮地方法務局,栃木県人権擁護委員連合会

3 後援

栃木県,栃木県教育委員会,株式会社栃木放送,株式会社下野新聞社,株式会社とちぎテレビ

4 趣旨

次代を担う中学生が人権問題について作文を書くことによって,人権尊重の重要性,必要性についての理解を深めるとともに豊かな人権感覚を身に付けること,及び入賞作品を国民に周知広報することによって,広く一般に人権尊重思想を根付かせることを目的とする。

5 応募規定

(1)対象
 栃木県内の中学校に在学する生徒(外国人学校に在学する者で中学生に準ずる生徒を含む。)及び特別支援学校の中学部に在学する生徒
(2)作文の内容
題名は自由とするが,日常の家庭生活,学校生活,グル−プ活動あるいは地域社会との関わりなどの中で得た体験等を通じて,基本的人権の重要性,必要性について考えたことなどを題材としたものとする。
(3)応募原稿の枚数
 学校名,学年,氏名,題名を除いて,400字詰原稿用紙5枚以内とする。外国語で作文を作成した場合又は視覚に障害があり,点字若しくは録音テープで作文を作成した場合には,学校名,学年,氏名,題名を除いて,翻訳文,墨字又は反訳文についてそれぞれ400字詰原稿用紙5枚以内とする。
 なお,5枚を超えた場合は,審査の対象とならない。
※ 学校名,学年,氏名,氏名へのふりがな,題名,題名へのふりがなを一枚目の右側欄外に,用紙のページ数を欄外適宜の場所に明記する。
(4)作品の提出先及び提出期限
 各学校において,優秀作品5編以内を選び,以下に作品提出先一覧に基づき該当法務局へ提出する。
 なお,併せて別紙様式(1)「応募作品内容別内訳調べ」及び別紙様式(2)「提出作品一覧表」を提出する。
提出期限:平成29年9月8日(金)

6 推薦基準等

各支局及び各人権擁護委員協議会は,提出された作品の審査を行い,次の基準に従い代表作品を栃木県大会に推薦する。

1,000編未満の場合 3編
1,000編以上3,000編未満の場合 4編
3,000編以上5,000編未満の場合 5編
5,000編以上10,000編未満の場合 6編
10,000編以上の場合 7編

なお,学校賞の推薦については,本コンテストに深い理解を示し,協力的に応募している学校など,推薦するに相当な理由があると認められる学校に対して,理由書を付して栃木県大会に推薦する。

推薦期限:平成29年9月28日(木)

7 審査

主催者及び後援者が審査を行う。

審査日:平成29年10月12日(木)

8 表彰(予定)

最優秀賞
宇都宮地方法務局長賞 1編
栃木県人権擁護委員連合会長賞 1編
栃木県知事賞 1編
優秀賞
栃木県教育委員会教育長賞  1編
栃木放送賞 1編
下野新聞社賞 1編
とちぎテレビ賞  1編
優良賞
若干編
学校賞
若干校

9 発表(予定)

平成29年10月20日(金)

10 表彰式

平成29年12月2日(土)に下野市グリムの森「グリムの館」 で実施する。

11 中央大会

中央大会推薦基準数に基づき,優秀作品数編を法務省・全国人権擁護委員連合会が主催する中央大会「第37回全国中学生人権作文コンテスト」に推薦する。

(1) 中央大会の表彰(予定)
○ 内閣総理大臣賞 1編
○ 法務大臣賞 1編
○ 文部科学大臣賞 1編
○ 法務副大臣賞 1編
○ 法務大臣政務官賞 1編
○ 全国人権擁護委員連合会長賞 1編
○ 一般社団法人日本新聞協会会長賞 1編
○ 日本放送協会会長賞 1編
○ 法務事務次官賞 3編
○ 法務省人権擁護局長賞 25編
○ 奨励賞 若干編
(2) 感謝状
 以下の中学校等に対して,中央大会主催者から感謝状を贈呈する。
ア 代表作品の応募者が在学する中学校等
イ 感謝状を贈呈する相当の理由があると認められる中学校等
(3) 中央大会入賞発表の日(予定)
 平成29年11月24日(金)
(4) 中央大会表彰日
 平成29年12月3日(日)

12 その他

(1)応募作品は,返却しない。

(2)応募作品は,未発表のものに限る。

(3)応募作品の著作権は,主催者に帰属するものとする。

(4)優秀作品については,受賞年の翌年から5年を経過するまでは,一般に公表することを予定している。(作文集の発行,報道関係,法務省及び栃木県人権啓発活動ネットワーク協議会ホームページ,教材,地方公共団体等の広報紙等)

なお,作品の公表に当たっては,作品の趣旨を損なわない範囲で一部修正することがある。

(5)優秀作品について,地方自治体等の広報誌や学校の教材等への転載を許可する場合,その都度本人の許諾を求めることはしないので,本人が転載を望まない場合,又は望まなくなった場合には,法務局にその旨を申し出るものとする。


作品提出先一覧

中学校等の所在 作品提出先
宇都宮市・鹿沼市・さくら市
那須烏山市・上三川町・高根沢町
〒320-8515
宇都宮市小幡2-1-11
宇都宮地方法務局人権擁護課
TEL 028 (623) 0925
日光市・塩谷町〒321-1272
日光市今市本町20-3
宇都宮地方法務局日光支局
TEL 0288 (21) 0309
真岡市・益子町・茂木町
芳賀町・市貝町
〒321-4305
真岡市荒町5176-3
宇都宮地方法務局真岡支局
TEL 0285 (82) 2279
大田原市・那須塩原市
矢板市・那須町・那珂川町
〒324-0041
大田原市本町1-2695-109
宇都宮地方法務局大田原支局
TEL 0287 (23) 1155
栃木市・小山市・下野市
壬生町・野木町
〒328-0053
栃木市片柳町1-22-25
宇都宮地方法務局栃木支局
TEL 0282 (22) 1068
足利市・佐野市〒326-0052
足利市相生町1-12
宇都宮地方法務局足利支局
TEL 0284 (42) 8101

このページの先頭へ