文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
本文へジャンプメニューへジャンプ
徳島県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです 人権相談のご案内

人権教室のご案内
人権擁護活動シンボルマーク

ホーム >

ここから本文です

ハンセン病について

ハンセン病について正しく理解し、
患者・元患者のみなさんに対する偏見や差別をなくしましょう!

私たち一人一人が、ハンセン病についての正しい知識と理解を持つことが、これまで長く続いてきた偏見や差別を解消するための第一歩です。

1.ハンセン病は治る病気です

ハンセン病のかつての病名は「らい」でした。しかし、長い間人々が「らい」に対して抱いてきた偏見や差別を解消し、正しい認識をもってほしいという願いから、らい菌の発見者であるノルウェーの医学者ハンセン博士の名をとってハンセン病と改められました。

  • 伝染力の極めて弱い病原菌による感染症です。
  • 遺伝病ではありません。
  • ほとんど発病の危険性はありません。
  • 菌は治療により数日で伝染性を失い、軽快した患者と接触しても感染することはありません。
  • 不治の病気ではなく、完治する病気です。
  • 早期に治療すれば、身体に障害が残ることはありません。

2.どんな治療があるかご存知ですか?

1940年代のプロミンを始めとして、リファンピシン、DDSなどのすぐれた治療薬が開発されました。そして、それまで不治の病と思われていたハンセン病は、完治する病気の仲間入りをしたのです。

3.ハンセン病の現状について

我が国では、平成12年末現在、13か所の国立ハンセン病療養所及び2か所の私立療養所において4,467人の方が入所療養していますが、ほとんどの入所者がハンセン病自体は治癒しています。しかし、ハンセン病の特効薬ができる以前に病気が進行した人たちの中には、失明や顔や手足に残る障害などの後遺症が重いこと、後遺症が軽くても高齢であること、長期間にわたって社会との交流がない生活を余儀なくされたことなどのために、地域社会への復帰が困難な方がいます。このほか、わが国の社会に残っている偏見や差別も、地域社会への復帰や地域の人々との交流を妨げる一因となっています。

(以上の記述は財団法人藤楓協会発行「平成13年度藤楓だより」を参考にしました)

ハンセン病の患者・元患者のみなさんに関する人権問題について、私たち一人一人が、自らの問題として理解を深め、基本的人権が尊重される、偏見や差別のない社会を作っていくことが大切です。

法務省人権擁護局
徳島地方法務局・徳島県人権啓発ネットワーク協議会
Tel:088-622-4171

このページの先頭へ