文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
本文へジャンプメニューへジャンプ
東京都人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム >

ここから本文です

東京法務局・東京都人権擁護委員連合会の行事

(1)全国中学生人権作文コンテスト(東京都大会)

平成30年度全国中学生人権作文コンテスト(東京都大会)作品募集

東京法務局と東京都人権擁護委員連合会は、次代を担う多くの中学生に人権問題に関する作文を書くことを通じ、互いの人権を尊重することの大切さについて理解を深め、豊かな人権感覚を身に付けてもらうことを目的として、昭和47年度から、都内の中学生を対象とした人権作文コンテストを実施してきました。本大会は、昭和56年度以降、法務省及び全国人権擁護委員連合会が主催する「全国中学生人権作文コンテスト」の地方大会として位置づけられ、毎年、数多くの作品が寄せられています。

平成30年度も同大会を実施しますので,中学生の皆さんからの人権作文を募集します。


平成30年度全国中学生人権作文コンテスト表彰式

東京都大会表彰式  行事終了

日時:
平成30年11月25日(日) 14時〜16時 (開場13時)
場所:
九段第二合同庁舎 14階大講堂
東京都千代田区九段南1−1−15
交通機関:
東京メトロ東西線「九段下駅」(6番出口)から徒歩5分
東京メトロ半蔵門線「九段下駅」(6番出口)から徒歩5分
都営地下鉄新宿線「九段下駅」(6番出口)から徒歩5分
内容
1 表彰式
平成30年度全国中学生人権作文コンテスト東京都大会表彰式
2 朗 読
中学生本人による優秀作品の朗読と作品に対する想いを語っていただきます。
主催:
東京法務局/東京都人権擁護委員連合会
共催:
全国地方新聞社連合会人権啓発事業実行委員会・東京新聞
後援:
東京都教育委員会/一般財団法人東京私立中学高等学校協会
株式会社TBSラジオ/公益財団法人人権擁護協力会
問合せ先:
東京法務局人権擁護部 電話:03−5213−1234

平成30年度全国中学生人権作文コンテスト(東京都大会)実施結果

東京法務局と東京都人権擁護委員連合会は、次代を担う多くの中学生に人権問題に関する作文を書くことを通じ、互いの人権を尊重することの大切さについて理解を深め、豊かな人権感覚を身に付けてもらうことを目的として、昭和47年度から、都内の中学生を対象とした人権作文コンテストを実施してきました。本大会は、昭和56年度以降、法務省及び全国人権擁護委員連合会が主催する「全国中学生人権作文コンテスト」の地方大会として位置づけられ、毎年、数多くの作品が寄せられています。

平成30年度は都内316校の中学校の御協力により,40,870編にのぼる作品が寄せられ,厳正な審査の結果,最優秀賞3編(内訳:「東京法務局長賞」1編,「東京都人権擁護委員連合会長賞」1編,「東京新聞賞」1編),特別優秀賞「東京都教育委員会賞」1編,優秀賞8編,奨励賞23編,作文委員会賞116編を決定しました。

〜作品のテーマ別割合(平成30年度)〜

平成30年度も人権に関するさまざまな問題を中学生らしい純粋な感覚でとらえ,真剣に考えていこうとする意欲がうかがえる作品が多くあり,非常に心強く感じられました。

(2)第45回 国立療養所多磨全生園まつり 人権パネル展

日時:
平成30年11月3日(金) 午前10時〜午後4時 行事終了
場所:
国立ハンセン病資料館ギャラリー
多磨全生園内公会堂(コミュニティセンター)前
東京都東村山市青葉町4−1−13
開催趣旨:
国立療養所多磨全生園は旧らい予防法に基づき、1909年(明治42年)9月28日全生病院として、東京都東村山市に開設されました。ハンセン病の過去の歴史や事実を、入所者の過酷な過去における差別を、正しく周知し、偏見や差別のない人権尊重思想を広め、啓発するため全生園まつりにあわせて、人権パネル展と人権ふれあいスポットを開催しました。
展示内容:
世界人権宣言・人権ポスターパネルの展示
ぬりえコーナー
催し物:
人権ふれあいスポット(輪なげ、人権クイズ、けん玉、コマ、お手玉など)
主催:
東京法務局
東京都人権擁護委員連合会
後援:
多磨全生園入所者自治会
東村山市
東村山市教育委員会
NPO法人東村山活き生きまちづくり
公益財団法人人権擁護協力会
第44回 国立療養所多磨全生園まつり 人権パネル展

※クリックして拡大

第44回 国立療養所多磨全生園まつり 人権パネル展

※クリックして拡大

第44回 国立療養所多磨全生園まつり 人権パネル展

※クリックして拡大

(3)東京都内の法務局各出張所における人権啓発活動

平成29年7月〜8月、夏の日差しが照りつける炎天下の中、各出張所で人権擁護委員と法務局職員による啓発物品「うちわ」の配布が行われ、東日本大震災に起因する人権侵害及び風評被害を予防する為の啓発とともに、人権擁護委員の周知に努めました。暑い中での「うちわ」配布はとても好評でした。

東京法務局台東出張所

1階玄関及びその周辺において、人権擁護委員2名と法務局職員1名で人権啓発を行いました。今にも雨が降り出しそうな曇天の中でしたが、約90枚の「うちわ」を配布した。湿度が高く、むしむしとした天気のせいか、多くの方が「うちわ」を受け取ってくださいました。


東京法務局台東出張所での写真-01

クリックして拡大

東京法務局台東出張所での写真-02

クリックして拡大

東京法務局台東出張所の写真-03

クリックして拡大


東京法務局品川出張所

天候にも恵まれた猛暑の中、品川区総合庁舎1階品川出張所入り口及び3階総合受付ロビーで、人権擁護委員2名、法務局職員1名に加えて品川区職員1名とともに、人権啓発を行いました。品川区の協力の下、区役所総合受付ロビーでも啓発させていただいて、多くのお客様に「うちわ」を配布することができ好評でした。


東京法務局品川出張所での写真-01

クリックして拡大


東京法務局渋谷出張所

1階玄関前で人権擁護委員3名と法務局職員2名で啓発活動を行いました。「うちわください!」そう言って反対側の歩道から信号を渡り、「うちわ」をもらいに来る方もいるほどこの日は暑い日でした。約200枚を配布し、多くの方に笑顔で受け取っていただきました。


東京法務局渋谷出張所での写真-01

クリックして拡大


(4)人権啓発と特設人権相談所

日時:
平成30年10月4日(木) 10時〜15時
場所:
高岩寺(とげぬき地蔵尊)・巣鴨駅
主催:
東京法務局、東京都人権擁護委員連合会
結果:
当日は、縁日が開かれていたこともあり、巣鴨地蔵通りは人々であふれ、高岩寺周辺も善男善女の「とげぬき地蔵尊詣」でにぎわっていました。
高岩寺をお借りしての特設人権相談所には、多くの相談者が来られました。 また、東京法務局の職員と人権擁護委員が参拝客に啓発活動を展開しました。
高岩寺(とげぬき地蔵尊)・巣鴨駅

※クリックして拡大

高岩寺(とげぬき地蔵尊)・巣鴨駅

※クリックして拡大

日時:
平成30年11月28日(水) 10時〜15時
場所:
高幡不動尊・高幡不動駅
主催:
東京法務局、東京都人権擁護委員連合会
結果:
高幡山明王院金剛寺は古来関東三不動の一つに挙げられ高幡不動尊として親しまれています。
紅葉が見頃となり、天候に恵まれ、多くの参拝者で賑わう高幡不動尊の境内において、今年度も特設人権相談所を開設しました。
東京法務局の職員と人権擁護委員が参拝者の多くの方に啓発物品を配布し、人権啓発と人権相談を行いました。
高幡不動尊・高幡不動駅

※クリックして拡大

高幡不動尊・高幡不動駅

※クリックして拡大

(5)人権身の上相談所(無料・秘密厳守)

日時:
平成30年6月28日(木)、29日(金)
午前10時15分から午後4時まで(受付は午後3時まで)
(事前予約可:問合せ先までご連絡ください。)
場所:
東京都豊島区南池袋1−28−1
西武池袋本店 7階(南ゾーン)「行政・法律・くらしの相談コーナー」
最寄駅:
池袋駅(西武池袋線、東武東上線、東京メトロ、及びJR)
問合せ先:
東京法務局人権擁護部第三課 TEL:03−5213−1234(代表)
主催:
東京法務局・東京人権擁護委員協議会
人権身の上相談所(無料・秘密厳守)チラシ

※クリックして拡大
【PDF】


(6)東洋大学と連携協力した啓発活動

日時:
平成30年12月5日(水) 12時20分〜16時35分
場所:
東洋大学白山キャンパス
〒112−8606 東京都文京区白山5−28−20

東洋大学で実施された「2018年東洋大学・ボランティアWEEK〜人権とボランティアについて考えよう〜」(主催:東洋大学ボランティア支援室)において,人権啓発活動を行いました。

学生の多くが利用する食堂や校舎内で,ボランティア支援室の学生と一緒に啓発物品を配布しました。

また,人権に関するパネルの展示も行い,多くの学生に人権について考えていただく機会となりました。

人KENまもる君と人KENあゆみちゃんのことを小学生の頃から知ってくださっている方々も大勢いらっしゃり,そうした方々とのふれ合いも楽しい啓発活動となりました。

2018年東洋大学・ボランティアWEEKの様子1

※クリックして拡大

2018年東洋大学・ボランティアWEEKの様子2

※クリックして拡大

2018年東洋大学・ボランティアWEEKの様子3

※クリックして拡大

2018年東洋大学・ボランティアWEEKの様子4

※クリックして拡大

(7)プロバスケットボールチームと連携した啓発活動

日時:
平成31年2月3日(日) 11時10分〜15時30分
場所:
大田区総合体育館
〒144−0031 東京都大田区東蒲田1−11−1

東京法務局及び東京都人権擁護委員連合会として初めての実施となる,プロバスケットボールチームと連携した人権啓発活動を実施しました。

B2リーグに所属する「アースフレンズ東京Z」のホームゲームにお邪魔して,来場者の方々に啓発物品を配布しました。会場内にブースを設置して,人権啓発のリーフレットやチラシを配布しました。また,子どもを対象に人権啓発のDVDも上映しました。

ハーフタイムの時間を利用して,まもる君とあゆみちゃんがコートに降りてPRをしました。チーム所属のチアリーダーの方に,人権擁護機関や人権擁護委員の周知をしてもらいました。

熱い声援の後押しもあり,アースフレンズ東京Zが見事勝利!!勝利のハイタッチには,まもる君とあゆみちゃんも参加しました。

試合終了後,選手の皆さんと記念写真をとらせてもらえました!

さすがバスケットボール選手,みんな大きいです!まもる君,あゆみちゃんよりも大きいかもしれません。

初めての試みでしたが,大変有意義な啓発活動となりました。

プロバスケットボールチームと連携した啓発活動の様子1

※クリックして拡大

プロバスケットボールチームと連携した啓発活動の様子2

※クリックして拡大

プロバスケットボールチームと連携した啓発活動の様子3

※クリックして拡大

プロバスケットボールチームと連携した啓発活動の様子4

※クリックして拡大