本文へジャンプメニューへジャンプ
鳥取県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

ホーム > 活動紹介・各種行事 >

ここから本文です

「人KENまもる君」「人KENあゆみちゃん」の活動(人権イメージキャラクター)

人権イメージキャラクター
人KENまもる君・人KENあゆみちゃん

法務省の人権擁護機関は、国民に広く人権尊重思想を普及高揚するため、様々な啓発活動を実施しておりますが、言葉だけではなく目に見える形で人権のイメージを表現することができれば一層効果的と考え、人権に関するイメージキャラクターとして「人KENまもる君」と「人KENあゆみちゃん」を採用しましたので、紹介させていただきます。

「人KENまもる君」は、可愛らしい明るい表情の男児であり、オレンジ色の頭巾、前髪が「人」の文字で、胸元に「KEN」のロゴがあり、双方相まって「人権」を表象しています。また、「人KENあゆみちゃん」は、赤色の頭巾をかぶった女児で、まもる君と同様に、前髪が「人」の文字、胸に「KEN」のロゴがあります。両キャラクターとも、高知県出身の漫画家やなせたかし氏の御好意により作成されたものです。

「人KENまもる君」「人KENあゆみちゃん」の活動

鳥取県内においても、鳥取地方法務局にウォークバルーン式「人KENまもる君」と「人KENあゆみちゃん」が常駐しています。 法務局、人権擁護委員などの法務省の人権擁護機関又は鳥取県人権啓発活動ネットワーク協議会、鳥取・倉吉・米子の各人権啓発活動地域ネットワーク協議会が主催する人権啓発活動で活躍中です。

写真:人KENまもる君・人KENあゆみちゃん啓発活動の様子
ウォークバルーン式「人KENまもる君」と「人KENあゆみちゃん」

「第3回ゆるキャラカップin鳥取砂丘」に参加

平成20年11月2日(日)、鳥取砂丘オアシス広場で開催された「第3回ゆるキャラカップin鳥取砂丘」に参加しました。
ゆるキャラカップとは、全国から集まったゆるいマスコットキャラクターが、障害物競走・相撲・大縄跳びといった競技を行いNO.1を競う大会です(今回は、全国から52体が集合)。

ゆるキャラカップ
地上デジタル放送イベント

残念ながら、人KENまもる君・人KENあゆみちゃんは競技に参加できなかったものの、オープニングイベントや地上デジタル放送イベントに参加し、かわいらしさをアピールしました。

人KENまもる君・人KENあゆみちゃんが会場を歩くと、たくさんの方に声をかけられ、写真を一緒に撮ったりおしゃべりをしたりして楽しく過ごしました。

人KENまもる君・人KENあゆみちゃんが会場を歩く
オリジナルしおり作り体験コーナー

鳥取人権擁護委員協議会では、「オリジナルしおり作り体験コーナー」のブースを設営しました。「育てよう一人一人の人権意識」「思いやりの心・かけがえのない命を大切に」と書かれた2種類の台紙を用意。小さな子どもさんからご年配の方まで、幅広い年代の方に押し花やキラキラビーズを使っての『オリジナルしおり作り』を体験していただきました。

オリジナルしおり作り オリジナルしおり
世界人権宣言

しおり作りのブースは、事前に人権擁護委員の皆さんがたくさん準備してくださった押し花・材料がなくなるほど大盛況でした。
ブース近くに展示した「世界人権宣言」等のパネルもたくさんの方に見ていただきました。

最後は、オリジナルしおり作りに参加してくださったお客様に感想を書いていただきました。「おもしろかった」「素敵な思い出になりました」などのコメントが書いてあり、たくさんの方々に喜んでいただけて、人権擁護委員、法務局職員、人KENまもる君・人KENあゆみちゃんも大満足の一日になりました。

お客様の感想
参加証 人KENまもる君・人KENあゆみちゃんも大満足

このページの先頭へ

ご意見はこちら E-mail:ttrjinken@torihou.go.jp