本文へジャンプメニューへジャンプ
ここからメニューです

ホーム > こんな時、人権が危ない! >

ここから本文です

近所の赤ちゃんの体のあざが目につく

助けを求める意思表示ができないような幼児や児童を親等が、せっかん・虐待し、中には死に至らせるという痛ましい事件が全国的に発生しています。

虐待には、たたく・なぐるなど身体への苦痛を与えるばかりでなく、食事を与えなかったり、車内に放置したり、ば声をあびせて子どもをおびえさせたりなどさまざまな例があります。

虐待を受けている子どもには、次のような傾向があるといわれます。

児童虐待を見つけたらすぐ

子どもの人権110番 (Tel:0120-007-110)へお知らせください。

このページの先頭へ