文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
本文へジャンプメニューへジャンプ
ここからメニューです

ホーム > 人権啓発活動紹介 > 令和元年度「全国中学生人権作文コンテスト」富山県大会結果

ここから本文です

令和元年度「全国中学生人権作文コンテスト」富山県大会結果

法務省と全国人権擁護委員連合会では,次代を担う中学生の皆さんに人権問題に関する作文を書いてもらうことにより,人権尊重の重要性・必要性についての理解を深め,豊かな人権感覚を身に付けていただくことを目的として,全国中学生人権作文コンテストを毎年実施しています。

本年度も,同コンテストの富山県大会を実施したところ,県下78校から8,873編にも及ぶ多数の応募をいただきました。

いずれの作品も,中学生の皆さんが,素直で純粋な感覚で人権問題を捉え,真剣に考えて取り組んだことがうかがえる作品ばかりでした。

今回,応募していただいた全ての中学生の皆さんが,人権作文を書くことによって磨いた人権感覚と「相手のことを思いやり,より良い社会を自ら築いていきたい」という強い気持ちを持っていただきたいと思います。

富山県大会の最優秀賞(3名)には,11月12日(火)に富山国際会議場で行われた「ヒューマンコミュニケーションフェスタ・イン・とやま2019」において,富山地方法務局長,富山県人権擁護委員連合会長,北日本新聞社社会部長から表彰状とトロフィーが贈られました。特別優秀賞としては,富山県教育委員会小中学校課長,富山GRNサンダーバーズ社長,カターレ富山経営企画部長から表彰状と楯が贈られました。

また,最優秀賞を受賞された皆さんには,受賞作文を朗読してもらいました。

全国中学生人権作文コンテスト

最優秀賞(3編)
富山地方法務局長賞 「私は強く生きる」
入善町立入善西中学校 3年 草切 結羽
富山県人権擁護委員連合会長賞 「中国人の母」
富山市立岩瀬中学校 2年 茶木 音羽
北日本新聞社長賞 「当たり前」
富山市立山室中学校 2年 三國 虹海
特別優秀賞(3編)
富山県教育委員会教育長賞 「僕の選択〜克服したいこと〜」
射水市立新湊南部中学校 3年 堀川 遥希
富山GRNサンダーバーズ賞 「母の告白」
富山市立和合中学校 3年 柴田 廉士
カターレ富山賞 「私の親友」
射水市立射北中学校 3年 山田 ゆきの
優秀賞(20編)
富山市立芝園中学校髙村 穏 入善町立入善西中学校内島 愛
富山市立堀川中学校長田 ここな 入善町立入善西中学校鍋嶋 夏音
富山市立山室中学校永原 和葉 高岡市立高陵中学校池田 彩華
富山市立三成中学校松田 香樹 高岡市立高岡西部中学校高田 咲希
富山市立藤ノ木中学校森田 美桜 高岡市立南星中学校長谷川 未羽
魚津市立東部中学校八田 桜 砺波市立出町中学校明瀬 雛乃
滑川市立滑川中学校秋葉 凪斗 小矢部市立蟹谷中学校澤田 安里
滑川市立滑川中学校鈴木 咲穂 南砺市立平中学校池田 瑞月
滑川市立滑川中学校新庄 彩世 南砺市立井波中学校大島 早瑛
滑川市立滑川中学校水野 由衣 南砺市立福野中学校吉光 明理

全国中学生人権作文コンテスト
最優秀賞を受賞された皆さん
前列左から,
柴田廉士さん,三國虹海さん,草切結羽さん,茶木音羽さん,堀川遥希さん,山田ゆきのさん

最優秀賞作品一覧

◆富山地方法務局長賞 私は強く生きる
◆富山県人権擁護委員連合会長賞 中国人の母
◆北日本新聞社長賞 当たり前

このページの先頭へ