本文へジャンプメニューへジャンプ
ここからメニューです

ホーム > 啓発活動 >

ここから本文です

平成29年度「人権の花」運動

毎年,小学生を対象に,花を育てることを通じ,「思いやりの心」を育てることを目的とした「人権の花」運動を実施しています。

花鉢を託された児童は,優しさや思いやりをもって水やりなどの世話をします。思いやりの心を持って育てた花鉢は,日頃お世話になっている方々や地元の施設等に寄付します。

平成29年度実施校:氷見市海峰小学校
花鉢:ベゴニア

* 伝達式:6月2日(金)*

代表の児童に人権啓発ラベルが貼られたベゴニアの花鉢を手渡した後,全校児童で,ベゴニアの花苗を花鉢に植え替えました。

下級生が植え替えをするのは少し大変です。5年生や6年生に手伝ってもらいながら,上手に花鉢に土を入れ,花苗の植え替えをします。人KENまもる君と人KENあゆみちゃんもその様子をうれしそうに見守っていました。

自分で植え替えしたベゴニアを,きっと大切に育ててくれることでしょう。

平成29年度 「人権の花」運動

* 終了式:7月19日(水)*


児童たちが真心をこめて大切に育てたベゴニアは,すくすくと育ち,見事に花を咲かせてくれました。この体験を通して,豊かな心を育み,優しさと思いやりの心を体得することができたと思います。

全校児童85名が育てた花鉢は,地元の福祉施設やひとり暮らしの高齢者などにプレゼントし,地域の方々への啓発も行うことができました。

平成29年度 「人権の花」運動


このページの先頭へ

富山県人権啓発活動ネットワーク協議会