本文へジャンプメニューへジャンプ
ここからメニューです

ホーム > 啓発活動 >

ここから本文です

富山GRNサンダーバーズと連携した啓発活動

平成30年7月1日(日) 高岡市営城光寺野球場にて


富山県人権擁護委員連合会では,毎年,BCリーグの富山GRNサンダーバーズと連携した人権啓発活動を行っています。

高岡人権擁護委員協議会では,本年度は7月1日(日)に高岡市営城光寺野球場で開催された群馬ダイヤモンドペガサス戦において,人権啓発活動を行いました。

人権啓発

この日は,梅雨の中休みの好天に恵まれました。試合会場の城光寺野球場も強い日差しが容赦なく照りつけ,ぐんぐんと気温が上がっていきます。この日,富山県内では,全国1位の暑さを観測したところもありました。

11時30分,野球場の開場時間と同時に啓発活動が始まります。

人権啓発

野球場を訪れる両チームのファンに向けて,人権擁護委員は「差別をなくしましょう!」などと声を掛けながら,リーフレット,タオル,ボールペンなどの啓発グッズと富山GRNサンダーバーズ選手の人権サポーターカードを配ります。


この日,野球場には400人を超えるファンが来場し,対戦相手の群馬県からも多くの野球ファンが訪れていました。群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」も,ユニフォーム姿で応援に駆けつけています。

入場口では,ぐんまちゃんがお客様を出迎えています。我らが人KENまもるくんとあゆみちゃんも入場口に向かいます。

試合開始前,人KENまもるくんとあゆみちゃん,そしてぐんまちゃんは,両チームへのエールを交換しました。

人権啓発

その後は一緒に両チームのファンを迎えます。試合が始まれば敵と味方になりますが,試合前は関係ありません。

全国的にも人気者のぐんまちゃんは,人KENまもるくんとあゆみちゃんの間に入って,両チームのファンとの記念撮影に応じます。

人KENまもるくんとあゆみちゃん,そしてぐんまちゃんは言葉こそ発しませんが,そのかわいい表情で両チームの野球ファンに「人権を守ろう!」と訴えかけます。両チームのファンも自然と表情が和らぎます。

炎天下の中での活動となりましたが,高岡人権擁護委員協議会の人権擁護委員,人KENまもるくん,あゆみちゃん,そしてぐんまちゃん,皆がそれぞれの力を合わせて,富山,群馬の野球ファンに人権の大切を伝えることができました。

このページの先頭へ

富山県人権啓発活動ネットワーク協議会