本文へジャンプメニューへジャンプ
ここからメニューです

ホーム > 啓発活動 >

ここから本文です

平成28年度 高岡市人権啓発の集い

平成28年12月1日(木)
高岡市高岡文化ホールにて

市民一人一人が人権問題について正しく理解し,より一層の人権意識の普及高揚を図るため,高岡市では「明るい高岡 思いやりから」をテーマに毎年「人権啓発の集い」を開催しています。

当ネットワーク協議会も富山県とともに共催しています。

藪本雅子さんの人権講演会

<演題>『輝けみんなの大事な命!』

元日本テレビアナウンサーの藪本雅子さんによる人権講演会が行われました。藪本さんは,日本テレビで数々のバラエティ番組を担当されるとともに,ニュース番組「きょうの出来事」のキャスターを務め,報道局へ転向後,結婚を機に退職されましたが,ハンセン病についても造詣が深く,現在は,医療,人権問題を中心に取材,執筆,講演を行っています。

これまでの御自身の体験談とともに,ハンセン病の元患者の方々との出会いを通じて,偏見や差別をなくすための活動を始められ,現在も続けておられることを話されました。ハンセン病について,正しい知識を理解を持つことが,差別や偏見をなくす第一歩です。


高岡市人権標語コンクール表彰式

平成20年度から始まり,今年で9回目となる「人権標語コンクール」の表彰式が行われ,高岡人権擁護委員協議会長から,表彰状及び副賞が授与されました。

最優秀賞,優秀賞,優良賞を受賞された皆様,おめでとうございます。

また,今年度は,5,392点もの応募をいただき,ありがとうございました。「高岡市人権標語コンクール」の活動報告に,入賞作品等を掲載していますので,ご覧ください。


第36回全国中学生人権作文コンテスト優秀作品の表彰式,朗読

全国中学生人権作文コンテスト富山県大会において優秀賞を受賞された受賞者のうち,高岡市内の中学生3名に対して,富山地方法務局長及び富山県人権擁護委員連合会長からの表彰状及び副賞が伝達されました。

受賞された3名の皆様には作文を朗読していただき,舞台では,その姿を人KENまもる君と人KENあゆみちゃんが温かいまなざしで見守っていました。


このページの先頭へ

富山県人権啓発活動ネットワーク協議会