本文へジャンプメニューへジャンプ
ここからメニューです

ホーム > 啓発活動 > 携帯電話会社と連携・協力した『スマホ・ケータイ安全教室・人権教室』

ここから本文です

啓発活動

携帯電話会社と連携・協力した『スマホ・ケータイ安全教室・人権教室』

 携帯電話やスマートフォンの普及により,インターネット上のいじめなどの社会問題に対応するため,富山地方法務局と富山県人権擁護委員連合会は,本年度から携帯電話会社と連携して,中学生を対象とした「携帯電話等の利用にかかる安全教室・人権教室」を実施することとしました。
 第1回目の「携帯電話等の利用にかかる安全教室・人権教室」を下記により実施しました。
 実施年月日  平成28年7月4日(月)
 実 施 校 富山市立上滝中学校
 対象生徒 全校生徒307名

携帯電話会社と連携・協力した『スマホ・ケータイ安全教室・人権教室』


 始めに,株式会社ドコモCS北陸のインストラクターから,安全かつ適切な携帯電話の使い方,写真等の投稿による個人情報漏洩,人格権や肖像権及び著作権の侵害などインターネット社会のルールやマナーについて説明がありました。



 続いて,富山人権擁護委員協議会の人権擁護委員から,生徒にインターネットの使い方を間違えると知らないうちに相手の人権を侵害することがあること,相手への思いやりの心や生命の尊さについてのお話がありました。

携帯電話会社と連携・協力した『スマホ・ケータイ安全教室・人権教室』

携帯電話会社と連携・協力した『スマホ・ケータイ安全教室・人権教室』

 最後に,生徒から安全教室・人権教室を受講しての感想を聞くことができました。

このページの先頭へ

富山県人権啓発活動ネットワーク協議会