本文へジャンプメニューへジャンプ
和歌山県人権啓発活動ネットワーク協議会
ここからメニューです

人権擁護活動シンボルマーク

ホーム > 活動紹介 > 人権啓発ビデオの貸出し >

ここから本文です

人権啓発ビデオの貸出し

和歌山地方法務局では、人権に関するビデオ、DVDを無料で貸し出しています。学校、会社、地域などで人権に関する授業や研修会等を開催する際に是非ご利用ください。ビデオ、DVDは無料で貸し出しています。
 こちらに掲載しているのは一部です。場合によっては、内容について希望を伺い、希望に沿った作品をお貸しすることができますので、どうぞご利用ください。
 なお、申込の際は、題名(番号とタイトル)をお申し付けください。

お問い合わせ先
和歌山地方法務局 人権擁護課
電話 073(422)5131

ビデオ・DVD目録

ビデオ・DVD一覧
題名 対象 制作時期 内容
81 プレゼント いじめ 平成16年4月 小学4年生の綾香は,同級生の美由紀の誕生日に手作りの写真立てをプレゼントする。それは,美由紀のことを思って作ったプレゼントであったが,美由紀の気に入るものではなかった。腹をたてた美由紀は,それから綾香に いじわるを始める。美由紀が いじわるをするようになってから,それまで仲の良かった茜や恵まで綾香をサケルヨウニなり,やがてクラス中が綾香を仲間はずれにするようになった。ただひとり,クラスで孤立している麻里だけが綾香をかばったが,ある出来事をきっかけに,綾香は学校を休んでしまった…(対象 小学3年生,4年生/17分/ジマクイリ・字幕無し/チラシ有り)
82 犯罪被害者の人権を守るために 犯罪被害者等 平成16年7月 私たちは,誰でも幸福に生きる権利を持っており,それは憲法でも保障されています。しかし,同じ社会の一員の不法な行為によって,ある日突然,幸福に生きる権利を奪われてしまった人たちがいます。犯罪被害者とその家族の人たちです。 近年,犯罪被害者やその家族の人たちに対する社会的関心は高まってきており,犯罪被害者やその家族の人たちの権利保護に関する諸制度も急速に整えられてきています。しかし,犯罪被害者やその家族の人たちが,実際にどのような状況におかれており,何を求めているのかを正しく伝える機会はまだまだ少なく,誤った情報や偏見から,犯罪被害者やその家族の人たちの苦痛や悲嘆を増すだけでなく,プライバシー侵害や名誉毀損などの人権侵害にもつながることがあります。 犯罪被害者やその家族の人たちは,一部の特別な人たちではありません。誰の身にも起こり得ることです。その時,どうすることが一番良いのでしょうか?突然ふりかかる様々な問題に対して社会に支援を求めることは,権利として認められるものなのでしょうか?犯罪被害者やその家族の人たちの現状を通じて,その人たちの人権を考えることは,私たち一人一人の人権を考えることにつながります。そして,すべての人たちの人権が尊重される社会を築くために,私たちは何をすべきなのでしょうか?この作品を通して考えてみてください。(33分/ジマクイリ・字幕なし/チラシ有り)
83 (改訂版) 根絶!夫からの暴力’04 ‐あなたは悩んでいませんか?‐ 女性 平成16年12月 このビデオは,平成13年に制作された「根絶!夫からの暴力‐あなたは悩んでいませんか?‐」(番号73)の内容を「配偶者暴力防止法」が改正されたことを受けて一部改訂したものです。
84 私たちの人権宣言 ‐転校生はおばあちゃん!?‐ 一般啓発 平成17年6月 中学2年生の川島みちるたちのクラスに、坂野ウメという74歳のおばあさんが転校してくる。大きく年の離れた転校生と、なかなか打ちとけられないみちるたち。そんなある日、学校を休んだウメさんのお見舞いに行ったみちるたちは、ウメさんの戦争時代のツライ体験と「勉強したい」という夢が叶えられずに亡くなった幼なじみの話を聞く。翌日その話を聞いた担任のガッツ先生は、「世界人権宣言」と「子供の権利条約(児童の権利に関する条約)」についてみんなに教える。「どうしたら人権侵害はなくなるんだろう」と考えたみちるは、あることを思いつく・・・。(50分/ジマクイリ・字幕なし)
85 ジンケンマモルクンとあゆみちゃん 世界をしあわせに 子ども 平成17年7月 世の中のすべての人が幸せになることを願い、旅をしている心優しいジンケンマモルクンとあゆみちゃん。 ある日、野菜畑けを訪れた二人は、アニマルタウンに届ける新鮮な野菜がマントオバケに襲われ、村人が困っている事を知って、手助けをしようと出かけるのだった。マントオバケの正体とは…(アニメ/ジマクイリ・字幕なし)
86 未来へのミチシルベ ・ハンセン病とは・ ハンセン病患者等 平成18年2月 人権侵害の歴史、なくならない偏見・差別。その根底にあるものは何なのか。元民放テレビ記者のヤブモトマサコが、各地にある療養所や社会に出て暮らすハンセン病回復者らを訪ね、その真相に迫るとともに、今後の「人権の在り方」について問いかけます。ナレーションは、俳優の渡部篤郎が担当。(30分/ジマクイリ・字幕なし)
87 未来への虹 ‐ぼくのおじさんは、ハンセン病‐ ハンセン病患者等 平成18年3月 この作品は、ハンセン病元患者の平沢保治さんをモデルにして書かれた子供向けの本「ぼくのおじさんは、ハンセン病‐平沢保治物語‐」をもとに、小学校高学年以上のカタに見てもらう事を目的として作られたものです。平沢さんは、この作品の中で、これからの未来を担う子どもたちに、差別の痛みや苦しみ、帰りたくても帰れないふるさとへの想い、そして「人権」の大切さを語りかけています。(アニメ/30分/ジマクイリ・字幕なし)
88 桃色のクレヨン 子ども(いじめ) 平成19年3月 この作品は,(財)人権教育啓発推進センター主催の2004(平成16)年度「人権に関するストーリー募集」の最優秀作品「桃色のクレヨン」を原作にアニメーション映像化したものです。「桃色のクレヨン」では,「かけがえのない命」の大切さと「思いやりの心」を大事にしていくことに気付いていく主人公の姿をテーマにして,子どもと大人が一緒に見て楽しめ,少しほろっときて,それでいて心が温まる作品です。(アニメ/28分 VHS字幕入り・字幕なし,DVD)
89 拉致〜許されざる行為〜 北朝鮮による日本人拉致の悲劇 拉致問題 平成19年4月 この作品は,政府・拉致問題対策本部(本部長安倍内閣総理大臣)が,拉致問題の解決に向け,拉致問題の概要や政府の取組み等を紹介したものです。1枚のDVDに,本編(約20分半)とダイジェスト版(約8分)を,それぞれ日本語と外国語(英・中・韓・露・仏・西・伊・独)の計9か国語で収録しています。(ドキュメンタリー/28分 DVD)
90 社会福祉施設等における人権 「私たちの声が聴こえますか」 高齢者 平成19年 本作品は,女優の渡辺美佐子による「ひとり芝居」(施設職員編・入所者編)を中心に,施設職員の人権意識を高める必要性・手法等に関する専門家へのインタビューや,人権意識を高める取組として実際に施設内で行われた人権啓発活動の紹介等「どんな行為が入所者の人権を侵害する行為に当たるのか」ということが自然に理解されるような構成になっており,施設の運営に人権の観点が不可欠であることを強調しています。(30分 VHS字幕入り・字幕なし,DVD)
91 見上げた青い空 いじめ 平成19年 ある日の昼休み、何気なく校庭を眺めていた岸田の目に,校門に立ち尽くす幸江の姿が映ります。その頃の幸江は既に保健室登校になっていました。学校に入れず立ち尽くしている姿は,同じように校門に立ち尽くしていた良太の姿と重なります・・・。この作品には,ドラマに登場した役者がいじめ問題について,それぞれの立場で語るパートがあります。そこにはいじめ問題を解決するためのヒントが盛り込まれています。この作品を見て,みなさんもクラスでいじめ問題について話し合ってみてください。(34分 VHS副音声字幕入り・副音声字幕なし,DVD)
92 同和問題と人権 −あなたはどう考えますか− 同和 平成20年 友一・佳美・美優・由香・西原の5人は,休日を利用して友一の実家に帰省する道すがら,故郷の話がきっかけとなり,みんなで同和問題について話し合うことになりました。部落差別,同和問題についての印象や考えはみんな様々で,父・友造と母・恵子の体験も聞いて知識を深めることにしました。同和問題を正しく理解し,同和問題を解決するためにはどうすればよいのか,このビデオを見ながら一緒に考えてみませんか。(28分 VHS副音声字幕入り,DVD副音声字幕入り)
93 じんけんの森の大冒険 子ども 平成20年 クイズに挑戦しながら,じんけんの森を冒険してみたり,いろいろなところで活躍している人たちから,みんなへの応援メッセージが届いていたり,お話を読んで,人権について考えてみたり等々,パソコンやDVDプレイヤーで,大人と一緒に人権について楽しく学べる内容になっています。(DVD)
94 インターネットの向こう側 いじめ(インターネット) 平成22年  この作品は、中学生・高校生たちにインターネットにおいて生じる人権に関する課題の本質を把握してもらうとともに、その対処法や被害にあった際の相談方法などの必要な情報を盛り込み、併せて周囲の大人にも問題点を提示し、理解してもらうことを目的としています。
 『いじめ問題を克服したはずの青野北高校2年A組に「学校裏サイト」を利用した「ネットいじめ」の問題が起きる。同時に、「なりすまし」の「プロフ」を作られ被害を受ける生徒も。担任教師は、インターネットを利用した誹謗中傷や個人情報の漏えいは「人権侵害」であるということを理解してもらおうと、携帯電話やインターネットが抱える問題点について保護者や生徒達と話し合う・・・。』
(ドラマ27分・解説10分 VHS字幕あり・字幕なし・副音声あり・DVD)
95 セクハラ・パワハラ・えせ同和行為
あなたの職場は大丈夫?
セクハラ パワハラ えせ同和 平成22年 企業の社会的責任(CSR)が重視される時代、人権への配慮を怠った企業は、企業や顧客から信頼を失うことになります。このビデオでは、「セクハラ」「パワハラ」「えせ同和行為」をテーマに取り上げた3つのドラマを通じて、一人ひとりが人権問題に向き合い、人権について考えていくことを目的としています。
パート1「セクシャル・ハラスメント」
 『企画課の佐伯栄子は、宴席で先輩から、女性であることを理由に、課長にお酌をすることを強いられるが、断固として拒否する。その後社内に怪文書が流れて・・・』(15分)
パート2「パワー・ハラスメント」
 『営業課の吉田は何をしても課長に怒鳴られ続け、勤務時間外にも電話がかかってきて叱責を受ける。さらに、作成した書類に目も通してもらえず、無視されるようになり・・・』(14分)
パート3「えせ同和行為」
 『総務課の山本は、同和団体を名乗る男からの電話を受ける。「同和問題に関する見解を聞きたい」との問いに窮し、参考図書の購入を一旦承諾してしまう。その後参考図書とともに高額な請求書が送られてきて・・・』(19分)
(計46分 VHS字幕あり・字幕なし・副音声あり・DVD)
96 (作品1)勇気のお守り
(作品2)自分の胸に手を当てて
子ども
(いじめ)
いじめ
(インターネット)
平成23年 <目的>
子どもたちをめぐる人権問題には,いじめや不登校,体罰,児童虐待など様々なものがあります。今回のDVDでは,子どもたちの身近な生活の中で起こりえる「いじめ」をテーマに,2本の作品を収録しています。
この作品を通じて,いじめの解決と,子どもたちに「一人一人が大切な存在なんだ」と気づいてもらうことを目的としています。
(作品1)勇気のお守り
転校生の林太郎は,クラスメイトとの間で起こってしまった事件を契機に学校を休むようになってしまう。しかし,友人の思いやりや「子どもの人権SOSミニレター」による人権擁護委員への相談をきっかけに,次第に立ち直っていく…
当事者同士では,解決の難しい子どもたちのいじめについて,考えてもらうきっかけとなるアニメです。
(ドラマ16分 DVD(字幕あり・副音声あり)
(作品2)自分の胸に手を当てて
学校裏サイトの掲示板への心ない書き込みをきっかけに,不登校となる優子。そして書き込んだ未唯もネットいじめのターゲットとなっていく。問題解決のために,洋平は「子どもの人権110番」へ相談し,クラス全員で話し合うことになるが…
近年,社会問題となっている学校裏サイトやネットいじめについて,その本質を理解してもらうアニメです
(ドラマ15分 DVD(字幕あり・副音声あり)
97 デートDVって何?
〜対等な関係を築くために〜
DV 平成24年 <ねらい>
デートDVは,若者にとって非常に身近な問題です。この問題の根底には,男女の権利は平等であることや,お互いの人権を尊重することが大切である,といった人権に関する意識が希薄になっている状況があると考えられ,また,若者はデートDVの問題に直面した時,一人で抱え込む傾向が強いことも伺えます。本教材は,若者が交際相手との間で,暴力の被害者にも加害者にもならずに,対等な関係を築けるよう,デートDV防止の啓発に役立てるための教材として制作しました。
(内容)
「デートDV」について説明後,3つの事例をドラマ形式で紹介し,人権擁護委員による事例解説を行う流れとなっています。
● 事例紹介① 「僕は君だけのもの?」
大好きな和也を独占したい千夏。
千夏の言動が和也を困らせている事例。
● 事例紹介② 「彼の言うことは絶対?」
彼の要求に応えることが愛情と感じて楽しい。
しかし,エスカレートする彼の要求に,疑問を感じ始める事例。
● 事例紹介③ 「好きなら何でも受け入れるの?」
雄太が彩香にお金をせびる,暴力を振るうなど,身体的,経済的な暴力に発展している事例
(計22分 DVD(字幕あり・副音声あり)
98 虐待防止シリーズ
パート1 児童虐待
パート2 高齢者虐待
パート3 ドメスティック・バイオレンス
児童虐待
高齢者虐待
DV
平成24年 <ねらい>
このDVDは,「児童虐待」「高齢者虐待」「ドメスティック・バイオレンス(DV)」を取り上げ,子どもや高齢者,配偶者に対する虐待の事例をドラマで描くとともに,問題点や第三者としての関わり方について専門家のコメントを紹介しています。ドラマを通して,虐待を他人事ではなく,身近な問題として捉え,虐待の防止・解決について考えていくことを目的にしています。
(内容)
「児童虐待」「高齢者虐待」「ドメスティック・バイオレンス(DV)」について説明後,それぞれの事例をドラマ形式で紹介し,専門家による解説を行う流れとなっています。
● パート1 児童虐待
事例1 近所の通報が幼児の命を救う
事例2 学校による対応から解決へ
● パート2 高齢者虐待
事例1 近所の見守りが解決の糸口に
事例2 妻のためのリハビリが…
● パート3 ドメスティック・バイオレンス
事例1 友人の気付きが救いの糸口に
事例2 妹の働きかけから解決へ
(計46分 DVD(字幕あり・副音声あり)
99 この街で暮らしたい
- 外国人の人権を考える -
外国人 平成25年
(平成14年)
 近年,様々な国からやってきた外国人が私たちの町で暮らすようになりました。しかし,言葉や宗教,文化や価値観などの違いから,様々な人権問題が生まれている。今後,ますます国際化が進む中で,日本人と外国人がお互いに違いを認めあって,共に生きていくことができる社会を築いていくことが求められています。
 この作品では,入居拒否の例をもとに近年日本に移り住むようになった外国人への偏見を描きながら,外国人の人権について考えていきます。
 そして外国人の人権を大切にする,そんな社会は,とりもなおさず日本人にとっても暮らしやすい社会であることを伝えていきます。
 (ドラマ32分 DVD(字幕あり)・平成14年度に制作したものをDVD化)
100 わたしたちの声 3人の物語
〜「全国中学生人権作文コンテスト」入賞作品をもとに〜
  平成25年 <目的>
 「全国中学生人権作文コンテスト」入賞作品の作者の中学生が,日常生活のなかで「人権」について理解を深めていった<気付き>のプロセスを描いています。
 「いじめ」,「風評による偏見や差別」「震災と人権」,「お互いをリスペクト(尊重)すること」をテーマにした3編のドラマを通して,視聴者に,身近なところから「人権とは何か」「人権尊重とはどういうことか」といった,人権への <気付き>を促すことを目的としています。

(作品1)いじめをなくすために,今

子ども
(いじめ)

(作品1)いじめをなくすために,今(平成22年度第30回入賞作品)
 作者の中学生が,自らの重い体験を通して,命の大切さを知り,いじめを傍観することをやめた経験を振り返ります。
 なお,この作品の原文は以下,ホームページをご覧ください。
 http://www.moj.go.jp/JINKEN/sakubun_21nendo/sakubun02.html
 (ドラマ15分 DVD(字幕あり・副音声あり)

(作品2)温かさを分け合って

震災

(作品2)温かさを分け合って(平成23年度第31回入賞作品)
 作者の中学生が,東日本大震災を機に人の温かさに触れる一方で,偏見や心ない言動に接し,人権について考えを深めていく経験をつづっています。
 なお,この作品のの原文は以下,ホームページをご覧ください。
http://www.moj.go.jp/JINKEN/sakubun_23nendo.html
(ドラマ15分 DVD(字幕あり・副音声あり)

(作品3)リスペクト・アザース

人権一般

(作品3)リスペクト・アザース(平成24年度第32回入賞作品)
 作者の中学生が,アメリカと日本の対人関係を比較しながら,人権を尊重し合うために何が大切かを考えます。
 なお,この作品のの原文は以下,ホームページをご覧ください。
 http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken04_00054.html
 (ドラマ15分 DVD(字幕あり・副音声あり)
101 同和問題〜過去からの証言,未来への提言〜 同和 平成26年  この教材は,わが国固有の人権問題である同和問題に焦点を当て,国や地方公共団体,企業等のさまざまな団体における人権教育・啓発に携わる職員等が身につけておくべき同和問題に関する歴史的経緯,当時の社会情勢,問題の本質等について,関係者の貴重な証言や解説等を中心に分かりやすく簡潔にまとめています。また,一般市民を対象とした,啓発現場においても使用できる有効なツールとしての映像も併せて制作し,同和問題の解決のために次世代へ伝承するものです。
(61分 DVD(字幕あり・副音声あり))
102  あなたがあなたらしく生きるために
  - 性的マイノリティと人権 -
性的マイノリティ 平成26年  性・セクシャリティは多様で豊かなものですが,それを理解している人はごくわずかでしょう。そのため,性的マイノリティの多くは,大きな心理的なストレスや生きづらさを感じています。誰もがありのままで受け入れられ自分らしく生きたいと望んでいます。この教材は,性的マイノリティについて人権の視点で理解を深めることを目的としています。(30分 DVD)
103 未来を拓く5つの扉
〜全国中学生人権作文コンテスト入賞作品朗読集〜






外国人


高齢者



子ども
(いじめ)

ハンセン病患者


障がい者


平成26年  全国中学生人権作文コンテストでは,次代を担う中学生が,身の周りで起きたいろいろな出来事や自分の体験などから,人権について考えています。このビデオでは,入賞作品の中から5編の作文を朗読して,アニメーションやイラストで紹介します。(46分 DVD(字幕あり・副音声あり))

(作品1)本当の国際化とは(平成25年度第33回入賞作品)


(作品2)電車に咲いた,笑顔の花(平成25年度第33回入賞作品)


(作品3)立ち止まる(平成24年度第32回入賞作品)


(作品4)NO!と言える強い心をもつ〜ハンセン病問題から学んだこと〜
(平成25年度第33回入賞作品)

(作品5)絆(平成23年度第31回入賞作品)
104

ハンセン病問題〜過去からの証言,未来への提言〜
家族で考えるハンセン病
ハンセン病患者 平成27年  この教材は,ハンセン病問題に焦点を当て,国や地方公共団体,企業等の人権教育・啓発に携わる職員等が身に付けておくべきハンセン病問題に関する歴史的経緯,当時の社会情勢,問題の本質等について,関係者の貴重な証言や解説等を分かりやすく簡潔にまとめた「ハンセン病問題〜過去からの証言,未来への提言〜」(56分)と一般市民を対象とした,啓発現場においても使用できる「家族で考えるハンセン病」(20分)の2つの映像作品から成り立っています。
(75分 DVD(字幕あり・副音声あり))
105

すべての人々の幸せを願って
〜国際的視点から考える人権〜
国際人権
女性
子ども
障がいのある人
外国人



平成27年  世界人権宣言及び国際人権諸条約が自分たちの身近にある人権課題とどのように関わっているかを国際的な視点から考えるために,4つの人権課題とそれぞれに関連する条約を資料映像や写真,事例の再現ドラマなどで紹介しています。
(35分 DVD (字幕あり・副音声あり))

このページの先頭へ