文字の大きさ拡大サイズ 標準サイズ
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
表示の拡大・音声の読み上げをすることができます。
A4プリントサイズに最適化されております
ここから本文です

山形県人権啓発活動ネットワーク協議会は、山形県内に所在する人権啓発活動にかかわる機関等が、連携・協力関係を確立し、山形県内における各種人権啓発活動が総合的かつ効果的に推進することを目的として活動しております。

トピックス

みんなが暮らしやすい社会って?小学校で人権教室開催!(酒田協議会)

小学校での人権教室開催。「いじめはだめ!」(酒田協議会)

祝 法務大臣表彰(酒田協議会)

令和2年度人権擁護功労賞伝達式を開催しました。

祝✿法務大臣表彰

人権の花運動 開催!(山形協議会)

人権の花運動 はなざかり(山形協議会)

思いやりの心と一緒に育てよう「人権の花運動」(鶴岡協議会)

ハラスメントに関する人権教室を行いました(鶴岡協議会)

令和2年度の事業計画を決定しました(鶴岡協議会)

法務局(支局を含む)において人権相談をされる方へ(新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお願い)

みんなと仲良く笑顔でいようね(鶴岡協議会)

思いやりのパスをつなごう 人権サッカー教室(置賜協議会)

人権講演会開催(新庄協議会)

人権書道教室開催!その文字から何を思う?(酒田協議会)

LGBTを学ぶ!中学校で人権教室開催(酒田協議会)

人権サンタがやってきたぁ!(山形協議会)

人権教室にてブラインドサッカーを体験!(山形協議会)

第39回全国中学生人権作文コンテスト山形県大会表彰式が開催されました(山形協議会)

かみのやま温泉全国かかし祭りin人権活動(山形協議会)

モンテディオ山形人権サポーター活動(山形協議会)

大石田まつり「維新祭」子ども一日人権擁護委員!!(山形協議会)

ひがしね祭で人権啓発を行いました!(山形協議会)

広瀬小学校で人権教室を行いました(鶴岡協議会)

鶴岡第五中学校で人権教室を行いました(鶴岡協議会)

山形花笠まつり〜人権啓発〜(山形協議会)

人権作文を書いてみよう〜山辺中学校〜(山形協議会)

人権の花〜山辺中学校〜(山形協議会)

各地でキレイに花開け!人権の花運動!(酒田協議会)

花の名前も覚えたよ!人権の花運動(酒田協議会)

令和元年度の活動計画を策定しました(置賜協議会)

高齢者施設での啓発活動(山形協議会)

朝日中に宮城MAXがやってきた(鶴岡協議会)

一日人権擁護委員による街頭啓発活動(酒田協議会)

白銀の世界で 思いやりの輪を広げよう!(新庄協議会)

人権書道作品展開催(新庄協議会)

短冊に願いを込めて 人権七夕(置賜協議会)

思いやりの心を育む 人権の花(置賜協議会)

育て✿思いやりの心(山形協議会)

人権の花運動(山形協議会)

子ども一日人権擁護委員の委嘱をしました!(山形協議会)

「西川町で人権講演会を開催しました」(山形協議会)

【全国人権擁護委員連合会】「学校等における体罰問題に関するメッセージ」について

ヘイトスピーチに焦点を当てた啓発活動(法務省)


啓発活動重点目標〜人権啓発キャッチコピー〜

ポスター

<趣旨>

新しい令和の時代が幕を開け,2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を控えた今,我が国では,未来に向けて社会全体で人権問題に取り組もうとする気運がかつてなく高まっています。

しかし,一方では,いまだに,生命・身体の安全に関わる事象や不当な差別などの人権侵害が存在しています。特に,いじめや児童虐待などにより子どもが命を落とすといった痛ましい事案が依然として後を絶たず,また,スマートフォンなどの普及とあいまって,インターネット上で,他人を誹謗中傷したり,個人の名誉やプライバシーを侵害したり,あるいは偏見・差別を助長するような情報を発信したりするといった悪質な事案も急増しています。このほか,企業等では,長時間労働による過労死,各種ハラスメント(嫌がらせ),不当な差別といった問題が発生しています。これらの問題を解決するためにも,引き続き,人権尊重思想の普及高揚のための人権啓発活動に着実に取り組んでいく必要があります。

また,「ハンセン病家族国家賠償請求訴訟の判決受入れに当たっての内閣総理大臣談話」(令和元年7月12日閣議決定)の趣旨を踏まえ,ハンセン病患者・元患者やその家族がおかれていた境遇を踏まえた人権啓発活動の強化に取り組む必要があります。

さらに,外国人や障害のある人などに対する偏見や差別を解消するためにも,誰もがお互いの人権を尊重し合う「心のバリアフリー」を更に推進し,多様な主体が互いに連携し,支え合う共生社会を実現する必要があります。この「心のバリアフリー」は,「誰一人取り残さない」社会の実現を掲げている,平成27年に国連サミットにおいて採択された持続可能な開発目標(SDGs)の理念とも合致するものです。

法務省の人権擁護機関では,これらの取組について,「誰か」のことではなく,自分自身のこととして捉えていただけるよう,理解と参画を得ながら進めていきたいと考えています。

そこで,本年度の啓発活動重点目標を公募によって標記のとおり定め,これを2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会のレガシー(後世に遺すべき有形・無形の財産)の一つとして次世代に承継することができるよう,また,SDGsの理念の普及促進などを通じて,一人一人が人権を尊重することの重要性を正しく認識し,これを前提として他人の人権にも十分配慮した行動をとることができるよう,各種の人権啓発活動を幅広く展開します。

山形県人権啓発活動ネットワーク協議会

協議会事務局

住所:〒990-0041  山形県山形市緑町1丁目5-48  山形地方合同庁舎
山形地方法務局人権擁護課内
電話:023-625-1321 (音声案内NO.5→人権擁護課宛とお伝えください。)

サイト仕様

当サイトは視覚障害のある方を考慮して作成されております。

音声ブラウザ:IBM Homepage Reader3.04以降
標準ブラウザ:Internet Explorer6以降 , safari , Firefox , Netscape7以降

あなたはcounter人目のお客様です。(2011年8月29日〜)

人権なんでも相談

悩むよりまずお電話を!

電話 0570-003-110
(ナビダイヤル)

女性の人権ホットライン

ひとりで悩まず、
お電話してください

電話 0570-070-810
(ナビダイヤル)

子どもの人権110番

いじめ・児童虐待
体罰ご相談ください

電話 0120-007-110
(フリーダイヤル)

インターネット人権相談受付窓口

法務省の人権擁護期間では、人権相談をインターネットでも受け付けています。

受付はこちらから。