本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 資格・採用情報 > 検事を志す皆さんへ > 検事総長からのメッセージ

検事総長からのメッセージ


検事総長 西川 克行 (にしかわ かつゆき)


 主な経歴

 昭和29年 北海道生まれ
 昭和54年 検事任官
 大阪地検検事,東京地検検事,
 国連アジア極東犯罪防止研修所教官,
 旭川地検検事正等のほか,
 法務省保護局長,法務省入国管理局長,
 法務省刑事局長,法務事務次官,
 札幌高検検事長,東京高検検事長を経て,

 平成28年9月5日就任

~検事を志す皆さんへ~


  検事を志す皆さんは,法律の勉強や法律家の仕事に関心をお持ちのことと思います。検事は,裁判官や弁護士とともに,法曹の一員として仕事をしているので,検事になるためには,まずもって法律を勉強することが必要になります。とはいえ,法律の適用対象は,社会で発生する様々な出来事であり,検事が仕事を適正に行うためには,事実関係を的確に認定し,その背景事情をも理解した上で,法律を正しく適用する能力が求められます。
  さらに敷衍すれば,検察の使命は,常に厳正公平・不偏不党の立場で,人権を尊重しながら,法と証拠に基づき,適切に捜査・公判を遂行することによって,刑事事件の真相を明らかにし,刑罰法令を適正かつ迅速に実現することにあります。そして,この使命は,時代の変化によってもいささかも変わるものではありませんが,それを実現するための捜査・公判の手法は,時代や社会の変化に合わせて柔軟に変えていく必要があります。
  近時,情報通信技術の急速な発達や社会経済のグローバル化等により,新たなテクノロジーや社会経済システムを利用した犯罪が多発するととともに,大規模な組織犯罪が容易に国境を越えて発生しております。それと同時に,証拠の形態も大きく変化し,かつての紙媒体の文書の多くが電磁的記録であるデータで保存されるようになり,人の行動の痕跡が,防犯カメラの映像やスマートフォンの通信記録等の形で,様々な客観的証拠として入手できるようになりました。
  そのため,最近では,検事を始めとする検察庁の職員一人ひとりが,自己研さんに努め,様々な分野の新しい成果を積極的に吸収することが求められるようになりました。現在,検察では,新たな犯罪事象の出現やテクノロジーの発達を的確にフォローしつつ,職員の専門性を向上させるため,様々な専門分野の研修や勉強会を開催したり,新たな科学技術を用いた捜査・公判の手法に関する検討を重ねるなどしています。
  また,検事は,刑事手続のみならず,行政の分野において,法務省で法令の企画・立案等に関与したり,「政府の法律家」として他の行政機関に出向しているほか,国際的な分野においても,海外の日本大使館に勤務したり,アジア諸国等の法整備を支援するなど,多様な分野において高い専門性を発揮して活躍しています。
  検察は,高い志を持ち,様々なバックグラウンドを有する皆さんが検事に任官されることを待ち望んでいます。皆さんが,将来,全国1万2千人の職員とともに,その持てる力や持ち味を存分に発揮して,国民や国際社会のために活躍し,新しい時代の検察を担って行かれることを,心から期待しています。

 戻る
ページトップへ