本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 矯正局 > 少年院教育作品ギャラリー > 青葉女子学園

青葉女子学園

コサージュ

 青葉女子学園では,特別活動指導の一環として月1回外部の講師をお招きしてクラブ活動を行っています。在院者は書道クラブと美術クラブに分かれ,創作活動に取り組みます。授業時間は2時間,表現することの楽しさに触れるとともに豊かな情操を育むことを目的としています。

  • 書道クラブ指導風景

  • 美術クラブ指導風景

コサージュができるまで

 今回は美術クラブで行っている羊毛フェルトを使ったコサージュ作りについて,ご紹介します。
 まずは,それぞれの色彩感覚に任せ,色とりどりの羊毛を重ねます。
 石けん水をつけて両手でこすりあわせることで,タンパク質が摩擦熱により変性し,接着剤の働きをします。羊毛を一枚の布化するのは体力と根気のいる作業です。コサージュのほかにもベレー帽やペンケースなど,思い思いの形に整えます。
 言葉で自己表現することが苦手な在院者にとっては,筆などの道具を介さずに手先だけで表現したいものが形となる,貴重な経験です。

  • 制作場面1

  • 制作場面2

在院者からの感想


在院者の作品
「はじめはふわふわの毛糸のような羊毛を手の体温とこする力の入れ具合でぺたーんと布化するのが難しかったけれど,コツがつかめてからは楽しくなりました。最終的に仕上がる形をイメージしながら,一生懸命こするので,集中力が養われている気がします。」

「表現するのが苦手な私にとって,絵を描くよりも好きな授業です。思ったとおりにちぎれないこともありますが,粘り強く続けていくことを学びました。日々の生活に生かしたいです。」
ページトップへ