本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 広報・報道・大臣会見 > プレスリリース > 平成26年のプレスリリース > 矯正医療の在り方に関する有識者検討会の報告書について
報道発表資料
平成26年1月21日
法務省矯正局

矯正医療の在り方に関する有識者検討会の報告書について

 平成25年7月に発足した「矯正医療の在り方に関する有識者検討会」の検討結果を取りまとめた「矯正施設の医療の在り方に関する報告書」が,本日,同検討会座長から法務大臣に対し提出されました。

1 矯正医療の在り方に関する有識者検討会 構成員(8名)(敬称略,五十音順)

 座長 金澤 一郎  国際医療福祉大学大学院長
 委員 大橋 秀夫  八王子医療刑務所長
     川出 敏裕  東京大学大学院法学政治学研究科教授
     見城美枝子  青森大学社会学部教授,ジャーナリスト,エッセイスト
     神  洋明   弁護士
     炭谷  茂   恩賜財団済生会理事長
     高杉 敬久  日本医師会常任理事
     福永 秀敏  (独)国立病院機構南九州病院名誉院長

2 報告書概要

3 添付資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2011年1月時点のものです。

この記事に関する問い合わせ先

法務省矯正局
 矯正医療管理官
  矯正医療企画官 水元   補佐官 中田
   電話 03-3580-4111(内線5637)
       03-3592-7370(直通)
ページトップへ