本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 内部部局 > 矯正局 > 会議・研究会等 > PFI手法による刑事施設の運営事業の在り方に関する有識者会議報告書について

PFI手法による刑事施設の運営事業の在り方に関する有識者会議報告書について

【平成28年度】

 PFI手法を活用して官民協働で運営する美祢社会復帰促進センター及び島根あさひ社会復帰促進センターについては,20年間の事業期間の折り返し時期を迎えています。
 このため,平成28年8月,法務省矯正局に,「PFI手法による刑事施設の運営事業の在り方に関する有識者会議」を設置し,第三者としての立場から,両センターの事業期間前半における官民協働による運営実績の検証を行うとともに,その結果を踏まえた事業期間後半における施設運営の在り方,事業承継に当たり検討を行うべき事項等について検討が進められていたところ,今般,その報告書が取りまとめられましたので,公表します。

○平成28年度 PFI手法による刑事施設の運営事業の在り方に関する有識者会議報告書報告書概要[PDF]
○平成28年度 PFI手法による刑事施設の運営事業の在り方に関する有識者会議報告書報告書[PDF]



【平成29年度】

 平成19年10月に運営を開始した喜連川社会復帰促進センター及び播磨社会復帰促進センターのPFI事業は,平成34年3月31日の事業期間の終了まで,残り約4年余り(会議終了時点)となっています。
 このため,平成29年6月,法務省矯正局に,「PFI手法による刑事施設の運営事業の在り方に関する有識者会議」を設置し,第三者としての立場から,両センターのこれまでの官民協働による運営実績の検証を行うとともに,その結果を踏まえた事業期間終了後の方向性についての検討が進められていたところ,今般,その報告書が取りまとめられましたので,公表します。

○平成29年度 PFI手法による刑事施設の運営事業の在り方に関する有識者会議報告書報告書概要[PDF]
○平成29年度 PFI手法による刑事施設の運営事業の在り方に関する有識者会議報告書報告書[PDF]



 
<本件問い合わせ先>
   法務省矯正局成人矯正課官民協働企画係
       電話 03-3580-4111(2556)
                03-3592-7928(直通)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
リンク先のサイトはAdobe Systems社が運営しています。

※上記プラグインダウンロードのリンク先は2014年10月時点のものです。

ページトップへ