婦人補導院

目的

  婦人補導院は,売春防止法第5条(勧誘等)の罪を犯して補導処分に付された満20歳以上の女子を収容し, 規律ある明るい環境のもとで,社会生活に適応させるために必要な生活指導及び職業補導, その更生の妨げとなる心身の障害に対する医療を行い,社会で自立して生活できる女性として復帰させることを 目的としている国立の施設です。補導処分の期間は6か月です。現在,東京婦人補導院が置かれています。

補導処分対象者処遇の流れ


補導処分対象者処遇の流れ