本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
詳細検索
トップページ > 資格・採用情報 > 矯正施設の医師の採用について

矯正施設の医師の採用について


医師募集ポスター
刑務所,少年院等の矯正施設では,以下のとおり,随時,医師を募集しています。

○  国家公務員として安定した勤務が可能です。
○  刑事司法の一翼を担うほか,公衆衛生上も重要な仕事です。
○  受刑者の再犯防止のため,その心身の健康回復を担います。

1 採用予定官職

常勤の法務技官(矯正医官)として次のような役職に採用されます。 
  医務(医療)部長
  医務(医療)課長
  医師

※ 採用後,医療刑務所長,医療少年院長などへ登用される道も開かれています。
 

2 担当業務


MRIが整備されている施設もあります。
  被収容者の診察,治療
  被収容者の疾病の予防及び健康管理
  医療に関する管理・監督 等

<勤務の魅力その1> 
 勤務には比較的余裕があり,残業はほとんどありません。
 また,医療刑務所など「病院」の指定を受けている一部の施設を除き,
平日の当直や土曜・休日の日当直はありません

3 採用予定施設


東京拘置所
全国の刑務所,少年刑務所及び拘置所,少年院並びに少年鑑別所(※医療刑務所,医療少年院も含まれます。)

※ 具体的な採用施設及び採用時期については,御希望を伺いますので,
 御相談ください。

4 応募資格

  医師免許を有する方
  年齢不問(ただし,65歳以上の場合には3~5年の任期を定めた採用となります。)
  課長職以上の職位で採用される場合には,医師免許取得後5年以上の実務経験を有する方
 

5 待遇等

給与・諸手当

■ 年収(見込み) 約1,300万円(平成26年の全矯正医官の平均支給額)

※ 一般職の職員の給与に関する法律の規定に基づき,医療職俸給表(一)が適用され,経験年数等に応じて給与が
 決定されます。
   また,各種手当(扶養手当,住居手当,通勤手当,期末勤勉手当,超過勤務手当,初任給調整手当等)が支給され
 ます。

勤務時間・休暇


勤務のイメージ
 勤務時間
  1週間当たり 38時間45分

 上記勤務時間のうち,週19時間を限度として,外部医療機関や大学等において,調査研究や医療技術向上を目的とする勤務をすることができます。
 また,勤務時間の内外において,外部医療機関で兼業することも可能です。

<矯正医官の魅力その2>
 フレックスタイム制の適用対象官職です。
 通常の勤務時間は,8時30分から17時までですが,自己申告に基づき,勤務時間開始時間と終了時刻を変更することが可能です。
 この場合,4週間当たり155時間の勤務となります。
   ただし月曜~金曜の昼間2時間は,必ず勤務していただく必要があります。


 休日・休暇
  休日 : 土曜,日曜,年末年始,祝日
  休暇 : 年次休暇(年間20日間,最大40日間)のほか,病気休暇,特別休暇(夏季休暇,結婚・出産に伴う休暇
         等),介護休暇

 その他の福利厚生
  国家公務員共済組合に加入し,病気,負傷,出産等に関連した各種の給付を受けることができます。
  また,退職,高度障害,死亡した場合には,厚生年金制度の適用を受けることができます。
  その他,健康診断や人間ドックの受検等,様々な制度・事業があります。

<矯正医官の魅力その3>
   宿舎 : 御希望により,隣接する宿舎に無料で入居することができます
 

この記事に関する問い合わせ先

〒100-8977 東京都千代田区霞が関1-1-1
法務省矯正局 総務課人事企画係(矯正医官採用担当),矯正医療管理官室
Tel 03-3580-4111(内線2549)
ページトップへ