本文へ
文字の大きさを変更する
標準に戻す
拡大する
色変更・音声読み上げ・ルビ振りを行うアクセシビリティツールを利用するかたはこちら
トップページ
サイトマップ
業務支障情報
ENGLISH
トップページ > 法務省の概要 > 各組織の説明 > 施設等機関 > 法務省 矯正研修所 > 矯正研修所の研修内容

矯正研修所の研修内容

研修内容


矯正護身術訓練
 研修は,講義形式の授業のほか,ゼミ形式の演習,矯正護身術等の術科訓練,体験実習など,多種多様な方法により職員に必要な職務能力の育成を図っています。また,矯正研修所教官に加え,大学教授などの各分野の専門家を講師として招くとともに,コーチングやファシリテーション等,広く企業でも採用されている研修内容・方法も導入しています。

人権研修の充実


介護体験実習
 矯正施設で働く職員は,その職務の性質上,被収容者の人権に関する理解を深める必要があることから,介護体験実習や福祉施設における体験実習を取り入れたりするなど,人権研修の充実を図っています。
ページトップへ