フロントページ > 公安調査庁紹介 > 団体規制

団体規制

 公安調査庁は,破壊活動防止法に基づいて,暴力主義的破壊活動を行う危険性のある団体の調査を行い,規制の必要があると認められる場合には,団体の規制に関し適正な審査及び決定を行う機関である公安審査委員会に対し,その団体の活動制限や解散指定の請求を行います。
○破壊活動防止法
 また,無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律に基づいて,過去に無差別大量殺人行為を行い,現在も危険な要素を保持していると認められる団体について調査を行うとともに,公安審査委員会に対し,観察処分または再発防止処分の請求を行います。また,観察処分に付された団体に対しては,報告徴取,団体施設への立入検査などの規制措置を行います。
○無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。