フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2014年2月

最近の内外情勢 2014年2月

2月1日(土)
  • オウム真理教上祐派が,「上祐代表講話会」を開催(神奈川,2日・福岡,8~9日・長野,15日・東京,22日・千葉)。
  • 2月2日(日)
  • 中国の「海警船」3隻が,尖閣諸島沖の我が国領海内に侵入。17日及び23日にも同様の侵入行為。
  • イスラム過激派系のウェブサイトが,「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)との絶縁を表明する「アルカイダ」の文書声明を掲載。
  • 2月3日(月)
  • 東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構(千葉県柏市)の観測データ解析用の計算機が外部からの不正アクセスを受け,研究データの喪失などの被害は確認されていないものの,同計算機のユーザ認証情報が取得された可能性。
  • 公安調査庁が,オウム真理教・東大阪施設に対して立入検査を実施(大阪)。
  • 2月5日(水)
  • 朝鮮総聯が,中央委員会第22期第5回会議(東京・朝鮮中央会館)を開催。総聯第23回全体大会(5月24~25日,東京・東京朝鮮文化会館)の開催や同大会に向けた取組などを決定。
  • 2月7日(金)
  • 右翼団体が,「北方領土の日」に際し,各地で「北方領土奪還」を訴える街宣活動などを実施。
  • 2月8日(土)
  • ソチ冬季五輪出席のためロシア・ソチを訪問した安倍晋三総理が,プーチン大統領と会談。両首脳は,プーチン大統領の来日を2014年秋に実施することで一致。プーチン大統領は,平和条約締結問題について,「経済等の交流を進めることが重要である」と強調。
  • 2月11日(火)
  • 右翼団体が,「建国記念の日」に際し,各地で神社参拝や「紀元節奉祝」などの街宣活動を実施。
  • 2月12日(水)
  • 国連安保理北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが年次報告書を取りまとめ,パナマ当局が2013年7月に拿捕した北朝鮮籍商船「清川江」号は,登録上の所有会社とは別に,平壌に本社を置く企業が運航を管理していると指摘。「北朝鮮が可能な限り表に出ないようにして制裁逃れを狙う,一元管理された組織網の存在を示している」とも言及。
  • 2月13日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・鎌ケ谷施設に対して立入検査を実施(千葉)。
  • 2月14日(金)
  • 北朝鮮と韓国が,南北高位級接触(板門店)を実施。南北離散家族再会行事(2月20~25日,北朝鮮・金剛山)の開催,相互のひぼう中傷の中止,高位級接触の継続実施―の3項目で合意。
  • 2月15日(土)
  • オウム真理教の主流派と上祐派が,公安調査庁長官に対して,団体規制法に基づく「第57回報告書」(2月15日付け)をそれぞれ提出。
  • 右翼団体が,「全教第31回定期大会」(15~16日,東京)に対し,会場周辺などで抗議活動を実施(~16日,東京)。
  • 2月16日(日)
  • エジプト北東部・シナイ半島で,観光バスが爆発し,同バスに乗車していた韓国人観光客3人及びエジプト人運転手1人が死亡,16人が負傷。17日,同半島を拠点とするイスラム過激組織「アンサール・バイト・アル・マクディス」が犯行を自認。
  • 2月17日(月)
  • 東京朝鮮中高級学校生徒が,同校を「高校無償化」の対象に指定しないことは違法であるとして,国家賠償を求める訴訟を東京地裁に提起。
  • 北朝鮮の当局者3人が,マレーシアのクアラルンプールから北京行きの航空機で米ドル紙幣145万ドル(約1億5,000万円)を持ち出そうとして,マレーシアの空港税関当局により身柄拘束され,現金も押収。
  • 2月21日(金)
  • 中国国家海洋局所属の「Y-12」及び中国軍情報収集機「TU-154」が,尖閣諸島沖に飛来。
  • ソマリア首都モガディシュで,「アル・シャバーブ」が,大統領府を攻撃し,少なくとも14人が死亡。
  • 2月22日(土)
  • 右翼団体が,島根県が制定した「竹島の日」を中心に,各地で「竹島奪還」を訴える街宣活動などを実施(~23日,島根,東京など)。
  • 2月23日(日)
  • 革労協解放派・主流派及び反主流派が,それぞれ「革労協中央政治集会」を開催(東京)。
  • 2月24日(月)
  • 北朝鮮が,朝鮮労働党第8回思想活動家大会(~25日,平壌)を開催。金正恩第1書記が演説し,「唯一的領導体系確立」に向けた思想教育の徹底などを指示。
  • 2月25日(火)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・甲西施設(滋賀)と京都施設(京都)に対して立入検査を実施。
  • 2月27日(木)
  • 中国の全国人民代表大会常務委員会が,9月3日を「抗日戦争勝利記念日」に,12月13日を「南京大虐殺犠牲者国家追悼日」とする2つの法案を採択。
  • このページの先頭へ

    • 国際テロリズム要覧(Web版)
    • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
    • オウム真理教に関するページ
    • 公安調査庁公式ツイッター
    • パンフレット
    • 情報提供をお願いします
    • 世界のテロ等発生状況
    ADOBE READER

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。