フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2017年12月

最近の内外情勢 2017年12月

12月4日(月)
  • 米韓空軍が,合同訓練「ビジラント・エース」を開始(~8日,韓国)。北朝鮮は,外務省報道官声明(2日付け),祖国平和統一委員会報道官談話(3日付け),外務省報道官回答(6日付け)を発表して同訓練を非難。
  • 12月5日(火)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・福岡施設に対して立入検査を実施(福岡)。
  • 中国海軍艦艇3隻が,口永良部島の西約100kmの海域を東進。その後,大隅海峡を東航し,太平洋へ進出。また,7日には,別の中国海軍艦艇1隻が,宮古島の東約110kmの海域を北西進。その後,沖縄本島と宮古島の間の海域を通過し,東シナ海に向けて北西進。
  • 12月7日(木)
  • 中国軍機5機が,7日及び9日,東シナ海から沖縄本島と宮古島との間の上空を往復飛行。11日には,中国軍機6機が,沖縄本島と宮古島との間の上空を飛行。17日には,中国軍機3機が,太平洋から沖縄本島と宮古島との間の上空を飛行。18日には,中国軍機5機が,対馬海峡上空を通過し,東シナ海と日本海との間を往復飛行。このほか,別の中国軍機1機が,沖縄本島と宮古島との間の上空を太平洋から東シナ海に向けて飛行。20日には,中国軍機2機が,沖縄本島と宮古島との間の上空を飛行。さらに,別の中国軍機1機が,東シナ海上空を飛行。
  • 12月8日(金)
  • 右翼団体が,「開戦記念日」に際し,「大東亜戦争の正当性」を訴える街宣活動などを実施(東京,神奈川など)。
  • 12月11日(月)
  • 北朝鮮が,第8回軍需工業大会を開催(~12日,平壌)。金正恩党委員長が演説し,「国家核武力完成の大業は党と人民の偉大な勝利」と主張し,核・ミサイル開発の継続を強調。
  • 12月14日(木)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・生野施設に対して立入検査を実施(大阪)。
  • 12月16日(土)
  • オーストラリア連邦警察が,北朝鮮のミサイルや石炭などを海外の組織に売却する仲介をしようとした疑いで,シドニー在住の59歳の男性を逮捕。
  • 12月19日(火)
  • 米国政府が,5月に世界規模で発生したランサムウェア「WannaCry(ワナクライ)」による大規模サイバー攻撃事態につき,慎重な調査の結果,北朝鮮の犯行であることを確認した旨発表。また,我が国外務省も20日,「WannaCry」事案への北朝鮮の関与を非難する外務報道官談話を発表。
  • 12月21日(木)
  • 北朝鮮が,朝鮮労働党第5回細胞委員長大会を開催(~23日,平壌)。金正恩党委員長が演説し,党の末端組織である「細胞」の機能と役割を向上させることなどを強調。
  • 12月22日(金)
  • 国連安全保障理事会が,北朝鮮によるICBM級弾道ミサイル発射(11月29日)を受け,決議第2397号を採択。北朝鮮は,外務省報道官声明(24日付け)を発表して同決議を非難。
  • 12月23日(土)
  • 右翼団体が,「天皇誕生日」に際し,奉祝活動を実施(全国各地)。
  • 12月25日(月)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・金沢施設に対して立入検査を実施(石川)。
  • 12月26日(火)
  • 米財務省が,北朝鮮の弾道ミサイル開発に関連して,李炳鉄党軍需工業部第1副部長ら北朝鮮の2人を制裁対象に追加指定。
  • 12月28日(木)
  • ロシアのザハロワ外務省報道官が,定例記者会見で,我が国政府による陸上配備型イージス・システム(イージス・アショア)導入の決定(19日)について,日露間の平和条約締結交渉等に否定的な影響を与えるとの認識を表明。
  • 12月29日(金)
  • オウム真理教主流派が年末年始集中セミナーを開催(~1月8日・北海道,埼玉など)。
  • オウム真理教上祐派が年末年始集中セミナーを開催(~1月8日・東京,愛知,大阪)。
  • このページの先頭へ

    • 国際テロリズム要覧(Web版)
    • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
    • オウム真理教に関するページ
    • 公安調査庁公式ツイッター
    • パンフレット
    • 情報提供をお願いします
    • 世界のテロ等発生状況
    ADOBE READER

    PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。