フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2018年3月

最近の内外情勢 2018年3月

3月1日(木)
  • ロシアのプーチン大統領が,マネージ中央博覧会場(ロシア・モスクワ)で,年次教書演説を実施。同演説では,安全保障分野をめぐり,我が国による陸上配備型イージス・システム「イージス・アショア」導入を,米国によるミサイル防衛(MD)システムの展開の一部とする旨の認識を表明。
  • 在日ロシア大使館が,同大使館公式ウェブサイト上で,ガルージン新駐日ロシア大使が同日付けで着任したことを公表。
3月5日(月)
  • 韓国が,大統領特使団(団長:鄭義溶大統領府国家安保室長)を北朝鮮に派遣(~6日)。特使団は,金正恩党委員長と面談し,南北首脳会談の4月末開催や首脳間ホットラインの設置で合意したほか,北朝鮮側が非核化や米朝対話の意思を表明し,対話期間中の挑発行為の凍結を確約したと発表。
3月8日(木)
  • 韓国の鄭義溶大統領府国家安保室長らが,大統領特使団の訪朝結果説明のため,訪米(~11日)し,トランプ米大統領に北朝鮮の金正恩党委員長が米朝首脳会談の開催を提案している旨伝達。
3月9日(金)
  • 岐阜地裁が,暴力行為等処罰に関する法律違反で起訴されたオウム真理教信徒・中田清秀の判決公判で,懲役2年,執行猶予3年の判決を言い渡し。
3月12日(月)
  • 韓国の徐薫国家情報院長が,来日(~13日)。同日,河野太郎外相と会談したほか,13日に安倍晋三総理と面談し,大統領特使団の訪朝結果を説明。
  • 3月4日,英国在住の露軍参謀本部情報総局(GRU)元諜報員とその娘が,同国南部ソールズベリーの商業施設内で意識不明で発見。同事件を受け,12日,英国のメイ首相は,同国下院において,ロシアで開発された「ノビチョク」と呼ばれる兵器レベルの神経剤が使用されたことなどを指摘し,ロシアが本件に責任がある可能性が極めて高いとの見解を表明。
3月14日(水)
  • 地下鉄サリン事件など教団関連事件での死刑確定者13人のうち,7人を全国5か所の拘置所に移送。
  • 公安調査庁が,オウム真理教・札幌白石施設に対して立入検査を実施(北海道)。
3月16日(金)
  • 対北朝鮮制裁決議の履行状況を監視する国連安全保障理事会北朝鮮制裁委員会専門家パネルが,北朝鮮による制裁決議違反事案等に関する1年間の調査結果を取りまとめた最終報告書を公表。
3月23日(金)
  • 中国軍機8機が,沖縄本島と宮古島との間の上空を往復飛行。
  • 米海軍のイージス駆逐艦「マスティン」が南シナ海のミスチーフ礁から12カイリ内を航行し,「航行の自由作戦」を実施。中国国防部は同日,中国軍艦2隻が退去警告を行ったとした上で,「中国の主権と安全に重大な損害を与えた」と表明。
  •  米国司法省が,イラン革命防衛隊(IRGC)の委託を受け,米国や我が国など22か国の大学等を標的とするサイバー攻撃作戦を実施したとして,イラン企業Mabna Institute(マブナ・インスティチュート)の関係者である9個人を起訴した旨発表。
3月25日(日)
  • 右翼団体が,「第85回自由民主党党大会」に対し,同会場周辺で「憲法改正の早期実現」などを訴える街宣活動を実施(東京)。
  • 北朝鮮の金正恩党委員長が,中国を非公式訪問(~28日)。26日に習近平国家主席と会談し,中朝親善関係の発展や朝鮮半島情勢を始めとする各事案について意見交換。
3月29日(木)
  • 北朝鮮と韓国が,南北高官級会談を開催(板門店・統一閣)。同会談において,(1)南北首脳会談の4月27日開催,(2)南北首脳会談に向けた実務協議の4月4日開催,(3)文書交換方式による継続協議-などに合意。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。