フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2018年10月

最近の内外情勢 2018年10月

10月2日(火)
  •  中国海軍艦艇3隻が,宮古島の東北東約100kmの海域を北西進し,その後,沖縄本島と宮古島の間の海域を北進し,東シナ海へ向けて航行。
10月4日(木)
  • 米国,オランダ,英国,カナダ,豪州及びニュージーランドの6か国が,ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)による国際機関などへのサイバー攻撃について非難する声明等を一斉に発表。
10月5日(金)
  • 北朝鮮と韓国が,「『南北の発展と平和繁栄のための宣言』(10.4宣言)11周年民族統一大会」を開催(北朝鮮・平壌)。板門店宣言と「9月平壌共同宣言」の履行の徹底を訴える共同アピール文を採択。
10月7日(日)
  • 金正恩党委員長がポンペオ米国務長官と会談(北朝鮮・平壌)。第2回米朝首脳会談の早期開催に向け,実務協議団を構成することなどで合意。
10月13日(土)
  • 共産党が,党本部で「第5回中央委員会総会(5中総)」を開催(~14日,東京)。
10月14日(日)
  • 右派系グループが,「日本を崩壊させる移民政策に断固反対」をスローガンに 掲げた街宣活動などを実施(東京,大阪,福岡など)
10月15日(月)
  • 北朝鮮と韓国が,高官級会談を開催(板門店・平和の家)。南北間の鉄道・道路連結のための着工式を11月末から12月初めに開催することなどを盛り込んだ共同報道文を採択。
10月18日(木)
  • ロシアのプーチン大統領が,国際有識者会議「バルダイ・クラブ」(10月15~18日,ロシア・ソチ)で,日露間の平和条約締結問題に関する質問を受け,同条約を締結して両国の信頼関係を高めた上で北方領土をめぐる問題を話し合うことを主張。
10月25日(木)
  • 南北軍事分野合意書(9月)に基づく板門店共同警備区域(JSA)の非武装化が完了。
10月26日(金)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・南烏山施設に対して立入検査を実施(東京)。
  • 北朝鮮と韓国が,将官級会談を開催(板門店・統一閣)。非武装地帯(DMZ)内の南北各11か所の監視哨所を年内に撤収することなどで合意。
10月27日(土)
  • 右翼団体が,「竹島奪還の日」と称して,在日韓国公館などに対する抗議活動 を実施 (~28日,東京・大阪・島根など)。
10月28日(日)
  • 中国海軍艦艇1隻が,下対馬の西北西約35kmの海域を北東進し,その後,対馬海峡を北上し,一時的に日本海に進出。29日には対馬海峡を南下し,東シナ海に向けて航行。
10月29日(月)
  • 中国軍機1機が,対馬の南方を通過し,東シナ海と日本海の上空を往復飛行。
10月30日(火)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・豊明施設に対して立入検査を実施(愛知)。
  • 米国司法省が,民間航空機に使用されるターボファンエンジンに関連する情報を狙って,米国,フランスの航空宇宙企業などのコンピュータシステムに侵入したとして,中国の情報機関職員など10人を起訴。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。