フロントページ > 公表資料 > 最近の内外情勢 > 最近の内外情勢 2020年2月

最近の内外情勢 2020年2月

2月5日(水)
  • オウム真理教上祐派(「ひかりの輪」)出家信徒が,団体規制法違反(検査対象物件であるノートパソコン1台を隠匿するなどして,団体規制法に基づく立入検査を忌避したもの)の容疑で福岡県警に逮捕(同21日付けで不起訴処分)。
2月7日(金)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・水戸施設に対して立入検査を実施(茨城)。
  • 右翼団体が,「北方領土の日」に際し,全国各地で「北方領土奪還」などと訴える街宣活動を実施。
2月8日(土)
  • 右翼団体が,「全教第37回定期大会」に対し,会場周辺で「全教粉砕」などと訴える街宣活動を実施(~9日,東京)。
     
2月9日(日)
  • 中国軍機4機が,沖縄本島と宮古島の間を飛行し,東シナ海に進出。
2月10日(月)
  • 米国司法省が,2017年に同国大手信用情報会社から約1億4,500万人分の個人情報等をサイバー攻撃により窃取した疑いで,中国人民解放軍第54研究所所属の4人を起訴したと発表。
2月11日(火)
  • 右翼団体が,「建国記念の日」に際し,全国各地で「紀元節」を奉祝する集会や街宣活動を実施。
2月13日(木)
  • ロシアのプーチン大統領が,憲法改正作業準備グループの会合で,参加者の1人がロシアの領土の割譲禁止について憲法に明記する可能性を提案したのに対し,「アイデア自体は気に入っている。法律家にしかるべき形で作り上げるよう依頼しよう」などと発言。
  • 米軍が,アラビア海で拿捕したダウ船からイラン製の対戦車誘導ミサイル150基,地対空ミサイル3基,赤外線スコープ,UAV用部品等を押収したと発表。これらイラン製兵器等はイエメンのフーシ派に供与される予定であったと評価。
2月16日(日)
  • 革労協解放派主流派及び反主流派が,「革労協中央政治集会」をそれぞれ開催(東京)。
2月19日(水)
  • 公安調査庁が,オウム真理教・徳島施設に対して立入検査を実施(徳島)。
  • オウム真理教主流派(「Aleph」)在家信徒が,詐欺(公共職業安定所に失業中と虚偽の申告をして,雇用保険の給付金を不正に受け取ったもの)の容疑で大阪府警に逮捕。
2月20日(木)
  • ジョージア外務省が,同国で2019年10月に起きた大規模な破壊型サイバー攻撃について,ロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)によるものと断定し非難する声明を発表。また,米国や欧州諸国等の政府も同様の声明を発出。
2月22日(土)
  • 右翼団体が,「竹島の日」に際し,全国各地で「竹島奪還」などと訴える街宣活動を実施。
2月23日(日)
  • 右翼団体が,「天皇誕生日」に際し,全国各地で「天長節」を奉祝する集会や街宣活動を実施。
2月27日(木)
  • オウム真理教上祐派(「ひかりの輪」)が観察処分期間更新決定(6回目)の取消しを求めて提起した訴訟において,東京地方裁判所が,同派の請求を棄却(東京)。
2月29日(土)
  • 「朝鮮中央通信」が,金正恩党委員長の指導の下,朝鮮労働党政治局拡大会議が開かれたと報道(日時不明)。会議では,新型肺炎の拡散防止のための「超特級防疫措置」を講じることが討議されたほか,「重大な不正・腐敗現象が発生した」として,李万建(リ・マンゴン)党副委員長と朴泰徳(パク・テドク)党副委員長を解任。

このページの先頭へ

  • 国際テロリズム要覧(Web版)
  • 回顧と展望 内外の公安活動についてとりまとめた資料です
  • オウム真理教に関するページ
  • 公安調査庁公式ツイッター
  • パンフレット
  • 情報提供をお願いします
  • 世界のテロ等発生状況
  • 令和元年台風第19号災害義援金
ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。