フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > アンサール・ヒラーファ・フィリピン(AKP)

アンサール・ヒラーファ・フィリピン(AKP)
Ansar Khilafah Philippines,Ansar al Khilafah in the Philippines

主な活動地域

フィリピン(サランガニ州,スルタン・クダラト州)

組織の概要

「アンサール・ヒラーファ・フィリピン」(AKP)は,「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)に忠誠を誓い,ISILへの支援及び同組織の擁護を標ぼうするイスラム過激組織である。

モハンマド・ジャアファル・マギド(別名トクボイ,アブ・シャリファ:2017年1月,サランガニ州で,治安部隊により殺害)が2013年,スルタン・クダラト州で同組織を設立したとされる。同人は,元々「モロ・イスラム解放戦線」(MILF)において,アメリル・ウンブラ・カト(「バンサモロ・イスラム自由戦士」〈BIFF〉設立者)の指揮下で活動していたとされる。

AKPは,2014年8月,ISILへの忠誠を表明したほか,2015年4月にはインターネット上に掲出されたビデオ声明において,ISILへの忠誠を再度誓うとともに,フィリピンにおいて米軍兵士を攻撃すると主張し,マニラのマラカニアン宮殿(大統領官邸)にISILの黒旗を掲げると警告した。

2016年1月,ISIL週刊誌「アル・ナバア」は,AKPがISILに忠誠を誓ったことを確認するとともに,「アブ・サヤフ・グループ」(ASG)幹部イスニロン・ハピロン(その後,「フィリピンにおけるカリフ国兵士の司令官」として承認)に合流した旨を発表した。

AKPは,サランガニ州で国軍襲撃などを続発させているほか,同年11月末にマニラ中心部で爆弾が発見された事案では同組織メンバーが逮捕された。また,南ラナオ州で活動するISIL支持組織「マウテ・グループ」(後述)と協力している可能性も指摘されている。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。