フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > パッタニ・マレー民族革命戦線 (BRN)

パッタニ・マレー民族革命戦線(BRN)
Barisan Revolusi Nasional,Patani-Malay National Revolutionary Front

主な活動地域

タイ(南部)

組織の概要

「パッタニ・マレー民族革命戦線」(BRN)は,1960年,アブドゥル・カリム・ハッサンらタイ南部のイスラム学校指導者らが設立したタイ南部における独立国家「パッタニ共和国」の樹立を目指す武装組織である。

当初は,草の根レベルの政治活動を通じた大衆動員を重視していたが,同時に,タイ国内で150人から300人で構成される軍事部門を設立し,ヤラ県やソンクラー県西部で武力攻撃を展開した。

1984年以降,BRNは,イデオロギー上の相違や活動方針をめぐって,ハッサン率いる「BRNウラマー派」,「BRN会議派」及び「BRNコーディネート派」(BRN-C)の3派に分裂した。

「BRNウラマー派」は,純粋なイスラム主義と非暴力主義を標ぼうし,宗教活動に力を入れた。ハッサンは1996年12月に死亡したが,その後も,同派による宗教活動は継続しているとされる。

BRN軍事責任者ジェク・ペンが率いる「BRN会議派」は,武装闘争路線を継続したものの,タイ当局による取締りによって軍事能力を失ったとされる。一方,ハッジ・M.が率いるBRN-Cは,イスラム学校において獲得した支持者を基盤とし,勢力を拡大したとされる。

タイ南部で継続する暴力事件の解決に向け,2013年2月,BRNはタイ政府と和平交渉を開始し,2014年5月の政変後も,和平交渉再開に向けた協議を重ねている。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。