フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > ジャマー・アンシャルシ・シャリーア(JAS)

ジャマー・アンシャルシ・シャリーア(JAS)
Jamaah Ansharusy Syariah

主な活動地域

インドネシア(ジャカルタ,西ジャワ州,中ジャワ州,東ジャワ州,西ヌサトゥンガラ州,ブンクル州)

組織の概要

「ジャマー・アンシャルシ・シャリーア」(JAS)は,2014年8月,「ジャマー・アンシャルット・タウヒッド」(JAT)の最高指導者アブ・バカル・バシールが同年7月に「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)への忠誠を表明したことに対し異を唱え,JATの臨時代理最高指導者を解任されたモハマド・アフワン及びバシールの2人の息子アブドゥル・ラヒム(別名イイム)とロシード・リドーらが中心となり設立した。メンバーは公称2,000人で,宣伝活動を主な活動内容としている。JATのメンバーの大半がJASに移ったとみられているが,両者の間に一定の関係は続いている。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。