フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > モロ民族解放戦線(MNLF)

モロ民族解放戦線(MNLF)
Moro National Liberation Front

主な活動地域

フィリピン(南部・ミンダナオ島各州,南西部・スールー州など)

組織の概要

「モロ民族解放戦線」(MNLF)は,フィリピン南部における独立国家建設を標榜し,1968年頃,フィリピン大学講師のヌル・ミスアリ(ミスワリ)とイスラム知識人サラマト・ハシム(後に離脱)らを中心に設立された組織である。1996年9月,フィリピン政府との間で最終和平合意への署名が行われた。

マルコス政権が戒厳令を発出した1972年以降,フィリピン南部で国軍を標的とした武力攻撃を実行した。当時,軍事部門「バンサモロ軍」(BMA)は戦闘員約3万人を擁したとされる。

1976年,政府との間で,一定の自治を定める「トリポリ協定」に合意したが,同協定に規定された自治権付与の手続などに関して政府と対立したほか,交渉方針や組織内の汚職問題などをめぐって,内部対立が顕在化した。こうした対立から,ハシム副議長は独自の指導部を形成して離反し,1977年に「モロ・イスラム解放戦線」(MILF)を設立した(1984年公表)ほか,その後も,メンバーの一部が離反し,1991年に「アブ・サヤフ・グループ」(ASG)を設立した。

一方,ラモス政権はMNLFとの和平を進め,両者は,1996年9月に最終和平合意(「ジャカルタ協定」)に調印し,ミスアリはフィリピン南部のムスリム・ミンダナオ自治地域(ARMM)知事に就任した。

同合意後,路線対立から,2001年,反ミスアリ派がミスアリ議長の解任を決定し,同人はARMM長官の地位も失った。これに反発したミスアリ派は,同年11月,スールー州ホロ島で武装蜂起したが,国軍に鎮圧され,ミスアリは反乱の容疑で拘束された(2008年4月に釈放)。

また,ミスアリ派は,MILFと政府との「バンサモロ枠組み合意」(2012年10月)に反発し,2013年9月,ミンダナオ島サンボアンガ市で,住民約200人を人質に立て籠もり,国軍などと衝突した。同事件に関与したとして,ミスアリは反乱の容疑で指名手配されたが,2016年6月に発足したドゥテルテ政権下で,ミスアリ派との和平推進が図られ,同年10月,ミスアリに対する同容疑での逮捕状が効力停止となった。

現在,主要派閥として,①ミスアリが率いる派閥,②ユソフ・ジキリ元下院議員が率いる派閥,③アブル・ハイル・アロント・ミンダナオ開発局議長が率いる派閥,がある。なお,②は,2017年2月までムスリミン・セマ(元コタバト副市長)が率いていた。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。