フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > アブ・ニダル組織 (ANO)

アブ・ニダル組織 (ANO)
Abu Nidal Organization

米国FTO (1997年10月8日)

主な活動地域

パレスチナ自治区(ヨルダン川西岸),イラク,レバノン,欧州

組織の概要

「アブ・ニダル組織」(ANO)は,1974年,サブリ・アル・バンナ(別名アブ・ニダル)が,イスラエルの打倒及びイスラエル・パレスチナ間の中東和平交渉の妨害を目指し,「パレスチナ解放機構」(PLO)から分派して設立した組織である。2002年8月にバンナがイラク首都バグダッドで死亡した後,指導者は不明である。

1985年以降,イタリア(ローマ),オーストリア(ウィーン),トルコ(イスタンブール),パキスタン(カラチ),ギリシャ(アテネ)など,欧州を中心とする約20か国でテロを実行するなどしてきた。

近年,活動が縮小傾向にあるとされるが,ヨルダン当局は,2008年,同国内でテロを計画していたとして,ANOのメンバーを逮捕したと発表した。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。