フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > チュニジアのアンサール・アル・シャリーア

チュニジアのアンサール・アル・シャリーア
Ansar al Shari'a in Tunisia

国連制裁対象 (2014年9月23日)

米国FTO (2014年1月10日)

主な活動地域

チュニジア

組織の概要

「チュニジアのアンサール・アル・シャリーア」は,2011年1月に同国のベン・アリ政権が崩壊した後に存在が明らかになったイスラム過激組織である。

同組織は,「シャリーアの施行」を目標に掲げ,2012年5月には,同国北部・ケルアン県で数千人を集めて年次総会を開くなどする一方で,2012年9月に発生した在チュニジア米国大使館襲撃事件では,同組織関係者の関与も指摘された。チュニジア政府は,2013年2月及び同年7月に発生した世俗派の野党指導者射殺事件への関与などを理由に,同年8月,同組織をテロ組織に指定した。

同組織は,リビア国内のチュニジア国境付近で,訓練基地を運営しているとの指摘もあり,2015年7月,米軍がリビアで実施した空爆により,同組織指導者セイフ・アッラー・ベン・ハスィーン(別名アブ・イヤド。「チュニジア戦闘集団」〈TCG〉の設立者)が死亡したと報じられた。

同組織は,リビア国内のチュニジア国境付近で,訓練基地を運営しているとの指摘もある。

なお,同組織の元幹部ブバカル・ハキムが,「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)のオンライン英語機関誌「ダービク」第8号にISIL構成員として登場するなど,同組織から,ISILへの戦闘員流出が指摘される。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。