フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > ジャマーアト・ハマート・ダウワ・サラフィーヤ(DHDS)

ジャマーアト・ハマート・ダウワ・サラフィーヤ(DHDS)
Djamat Houmat Daawa Salafia,Protectors of the Salafist Call

国連制裁対象 (2003年11月11日)

主な活動地域

アルジェリア

組織の概要

「ジャマーアト・ハマート・ダウワ・サラフィーヤ」(DHDS)は,「武装イスラム集団」(GIA)元司令官カダ・ベンシハ・ラルビ(1999年死亡)によって1996年に設立されたイスラム過激組織(旧称「エル・アフーエル旅団」)である。同人は,GIA司令官としてアルジェリア西部で活動していたが,同組織指導者ジャマル・ジトゥーニ(1996年7月死亡)と対立したことをきっかけに,DHDSを設立した。

DHDSは,ジトゥーニの死亡後,指導者アンタル・ズアブリ旗下のGIAと緊密に協力したものの,ズアブリの死亡後は,GIAと距離を置いたとされる。1999年にベンシハ・ラルビが死亡した後,モハメド・ベンスリム(別名スリム・アル・アッバシ・アブ・ジャーファル・アル・アフガーニ)が後任の指導者となった。

2013年12月,「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ」(AQIM)は,DHDSがAQIMへの合流を決定したとの声明を発表したが,2015年9月,DHDSは,「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)に忠誠を表明した。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。