フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > ファタハ・アル・イスラム(FAI)

ファタハ・アル・イスラム(FAI)
Fatah al-Islam,Fatah al-Islam Organization in the Levant

主な活動地域

レバノン,シリア

組織の概要

「ファタハ・アル・イスラム」(FAI)は,2006年11月,パレスチナ人シャキール・アル・アブシが設立したとされるスンニ派過激組織である。レバノン北部・トリポリ市近郊のパレスチナ難民キャンプ「ナハル・アル・バレド」に拠点を置いていた。

2007年9月,レバノンのシニオラ首相(当時)は,同国軍による約3か月に及ぶ軍事作戦の結果,「ナハル・アル・バレド」からFAIを掃討した旨宣言したが,アブシを含む残党勢力は,敗走後も組織を維持してきたとみられ,2008年1月には,アブシがレバノン軍への復讐を宣言する旨のスピーチを行った。

その後もFAIは,2008年8月のレバノン北部・トリポリ市における爆弾テロ(14人死亡,46人負傷),同年9月のシリア首都ダマスカスにおける自爆テロ(17人死亡,14人負傷)及びトリポリ市における自動車爆弾テロ(7人死亡,約30人負傷)などに関与したとされる。

アブシは,2008年12月,シリア首都ダマスカス南方のジェルマナで,同国治安部隊による急襲を受けて死亡又は拘束され,アブドルラフマン・アワドが後任として指導者に就任したとされるが,アワドも,2010年8月,レバノン中部・シュトゥーラで,同国治安部隊による掃討により,死亡したとされる。

FAIは,2012年以降,幹部を含むメンバーが,シリア国内で同国政府軍との戦闘に参加してきたとされる。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。