フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > イラク革命者総軍事評議会(GMCIR)

イラク革命者総軍事評議会(GMCIR)
General Military Council for Iraqi Revolutionaries,al-Majlis al-Askarial-Amm li-Thuwar al-Iraq

別称:
イラク部族革命者軍事評議会(MCTR) Military Council of Iraqi Tribal Revolutionaries,al-Majlis al-Askarili-Thuwar al-Asha' ir al-Iraq

主な活動地域

イラク(北部,西部など)

組織の概要

「イラク革命者総軍事評議会」(GMCIR)は,スンニ派部族民兵などの連合体とされ,旧「イラク・バアス党」関係者や旧フセイン政権時代の軍関係者などが主導しているとされる。シーア派主導とみなすイラク政府の打倒や同国に対するイランの影響力の排除などを掲げているとされる。勢力は約7万5,000人を自称している。

2013年夏には既に存在していたともされるが,「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)などが2014年1月にイラクで攻勢を開始して以降,同組織とも連携し,主に西部・アンバール県や北部・ニーナワー県などで,治安部隊などに対する攻撃を活発化させたとされる。

GMCIRは,イラク政府の打倒などの点で,ISILと利害が一致しているとされるが,世俗的な性質が強く,民族主義などを思想上の基盤としており,究極的には,ISILとは相容れず,支配地の統治方針などをめぐり,同組織との間で意見の相違も生じているとされる。

GMCIRは,その傘下として,スンニ派部族民兵に加え,同民兵の連合体「イラク部族革命者軍事評議会」(MCTR)などを擁しているとされる。また,「ナクシュバンディア教団信者軍」(JRTN)と緊密な関係にあるとされる。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。