フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > ハマス(HAMAS)

ハマス(HAMAS)
Harakat al-Mukawamat al-Islamiya

別称:
イスラム抵抗運動 Islamic Resistance Movement

米国FTO (1997年10月8日)

主な活動地域

パレスチナ自治区,イスラエル

組織の概要

「ハマス」(HAMAS)は,1987年12月,パレスチナ・ガザ地区で発生したインティファーダを契機に反イスラエル運動がパレスチナ全域に拡大した際,同地区の「ムスリム同胞団」の最高指導者シャイク・アフマド・ヤシン(2004年にイスラエルによる掃討で死亡)が,武装闘争によるイスラム国家樹立を目的として設立したスンニ派武装組織である。最高指導者はハレド・メシャルである。軍事部門「エゼディン・アル・カッサム旅団」を有する。

設立以降,対イスラエル闘争を進め,「パレスチナ解放機構」(PLO)とイスラエル政府間の和平交渉にも抵抗して自爆テロなどを引き起こした。2000年の第二次インティファーダに際して対イスラエル闘争を強化し,さらに,2002年には対イスラエル全面戦争を宣言するなど強硬姿勢を維持したが,2005年2月にイスラエル・パレスチナ間の停戦合意を受け,停戦に応じた。

同年9月,ユダヤ人入植者らがパレスチナ・ガザ地区から完全撤退した後,同地区内に学校や医療施設などを設置してインフラ整備を実施するなどして住民からの支持獲得を図り,2006年1月のパレスチナ自治評議会(国会に相当,定数132議席)選挙では過半数の74議席を獲得し,一時は,PLO主流派「ファタハ」との連立政権を発足させた。しかし,2007年6月には「ファタハ」と衝突し,ガザ地区を武力で制圧したことから,同連立政権は崩壊した。

また,2006年6月,イスラエル軍の砲撃によるガザ地区住民の死亡事案をきっかけに武装闘争を再開し,2009年1月には,報復名目で同地区への侵攻を開始したイスラエル軍と大規模な戦闘を繰り広げた。

「ハマス」は,2012年11月にも,イスラエルによるガザ地区での掃討作戦に対して,「パレスチナ・イスラム・ジハード」(PIJ)など他のパレスチナ武装勢力と共に,大規模な戦闘を展開したが,同月末,エジプト政府の仲介の下,イスラエルとの停戦に合意した。

2014年6月,「ハマス」は,パレスチナ自治政府との統一内閣樹立を宣言した。その後,ガザ地区の武装勢力とイスラエルとの間の緊張が高まり,同年7月,イスラエルとパレスチナが衝突した際,「エゼディン・アル・カッサム旅団」が,イスラエルに向けてロケット弾を発射するなどしたが,8月には,双方が停戦に合意した。

2015年には,ガザ地区内に「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)支持勢力が出現し,「ハマス」との間で緊張が高まったことから,「ハマス」は,同支持勢力に対する摘発を行っている。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。