フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > イマーム・ブカリ・ジャマート

イマーム・ブカリ・ジャマート
Imam Bukhari Jamaat

主な活動地域

シリア

組織の概要

「イマーム・ブカリ・ジャマート」は,シリア反政府運動発生後に結成されたウズベキスタン出身者を主体とする武装組織とされる。組織名は,ウズベキスタン人の宗教指導者の名に由来しているとされる。

主に北部・アレッポ県などで,「ヌスラ戦線」や「ジャイシュ・アル・ムハジリーン・ワル・アンサール」(JMA)などと連携して活動しているとされるほか,同じウズベキスタン人主体の組織である「カティーバ・アル・タウヒード・ワル・ジハード」と関係を有しているとされる。

「イマーム・ブカリ・ジャマート」は,代々の「タリバン」指導者に忠誠を表明したとされ,同組織とのつながりを有している可能性が指摘されている。

同組織は,2015年4月頃,「ヌスラ戦線」を含む複数のイスラム主義組織と共に,連合体「闘いの勝利連合」を結成したほか,2016年4月には,アレッポ近郊で,他の反体制派勢力と連携し,クルド人勢力を攻撃したとされる。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。