フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > イスラム戦線 (IF)

イスラム戦線(IF)
Islamic Front, Al Jabhat al Islamiya

主な活動地域

シリア

組織の概要

「イスラム戦線」(IF)は,2013年11月に結成されたスンニ派武装組織の連合体で,北西部・イドリブ県に本部を置くとされる。加盟組織は,「アハラール・アル・シャーム・イスラム運動」,「ジャイシュ・アル・イスラム」,「スクール・アル・シャーム」など6組織とされる(注)。IFの最高指導者は,「スクール・アル・シャーム」の指導者アフメド・イサ・シェイクである。結成後,非加盟組織とも連携し,シリア軍などに対する攻撃を実行してきた。

結成時に発表した「憲章」では,①武力によるシリア政府の打倒,②シャリーアに基づくイスラム国家の樹立,③外国からの指示や介入の拒否,④シャリーアの権威を否定するような活動への参加の拒否-などを謳っているほか,世俗主義や市民社会といった概念を否定している。シリア反体制派の代表組織「シリア国民連合」については,「シリア国民を代表する組織ではない」として,その正統性を否定する立場を示しているほか,2014年1月から2月にかけて「シリア国民連合」とアサド政権との間で行われた和平協議への参加も拒否した。

結成当初,反体制派内では最も強力な組織とされていたが,「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)との衝突が本格化した2014年1月以降,IF加盟組織の勢力は減退したとされる。IFは,同年5月,複数の非加盟組織とともに,「革命規範」と題する共同声明を発出し,反体制派組織の統合を呼び掛けるとともに,シリア政府や「ヒズボラ」と同様に,ISILを明確に敵として掲げた。また,ISILがカリフ制の施行などを宣言(同年6月)したことに関しては,「正統性のない無効なものであり,何ら意味を持たない」などと非難する声明を発出した。

IFは,2015年9月,「自由シリア軍」などの反体制派組織30組織と共に共同声明を発表し,アサド政権の退陣や民間人に対する無差別攻撃の即時停止などを要求した。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。