フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > マハディ軍(JAM)

マハディ軍(JAM)
Jaish al-Mahdi,Imam Al-Mahdi Army

別称:
約束の日旅団 Promised Day Brigade
平和旅団 Peace Brigade

主な活動地域

イラク(中部など)

組織の概要

「マハディ軍」(JAM)は,イランから資金,物資などの支援を受けているとされるシーア派の聖職者ムクタダ・アル・サドル率いるサドル派の民兵組織である。

2006年から2007年にかけて数千人のスンニ派イスラム教徒を誘拐又は殺害するなどしてスンニ派側と激しく対立してきたが,2008年3月,イラク治安部隊と多国籍軍による大規模掃討作戦を受けた上,同年5月には,イランに潜伏していたサドルがイラク政府との停戦に合意したため,その活動を停止した。JAMは,2009年,自組織が今後,慈善団体などに再編されるほか,政治活動を行っていくとの方針を示したが,サドルは,JAMの後継組織として「約束の日旅団」を創設した。

また,2014年1月に「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)などがイラクで攻勢を開始し,同年6月に同国北部の広域を占拠した際には,元JAMの一部勢力からなる「平和旅団」を創設し,治安部隊と共に,ISILなどとの戦闘に参加しているとされる。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。