フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > ジュンド・アル・シャーム

ジュンド・アル・シャーム
Jund al-Sham

別称:
タンジーム・ジュンド・アル・シャーム Tanzim Jund al-Sham

主な活動地域

レバノン,シリア,カタール

組織の概要

「ジュンド・アル・シャーム」(又は「タンジーム・ジュンド・アル・シャーム」)は,2000年代前半頃に設立され,レバント地域(シリア,レバノンなどの地中海東部沿岸地方)でのイスラム国家樹立を目指す武装組織とされる。レバノン南部・サイダ市近郊に所在するパレスチナ難民キャンプ「アイン・エル・ヘルウェ」を拠点とし,同キャンプで度々,他の武装組織と武力衝突を起こしてきた。

「ジュンド・アル・シャーム」は,2005年3月,同月にカタール首都ドーハで発生した劇場爆弾テロ事件への関与を自認したほか,2007年6月には,レバノン軍の検問所をロケット弾で攻撃した。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。