フロントページ > 国際テロリズム要覧 (Web版) > 国際テロ組織 > カタイブ・ヒズボラ(KH)

カタイブ・ヒズボラ(KH)
Kata'ib Hizballah

米国FTO(2009年7月2日)

主な活動地域

イラク(中部,南部),シリア

組織の概要

「カタイブ・ヒズボラ」(KH)は,2007年後半,三つのシーア派組織が,イラクに駐留する多国籍軍の排除などを目的として合併・設立したとされるシーア派組織である。組織設立に際してイラン革命防衛隊の支援を受けたほか,レバノンの「ヒズボラ」からも支援を受けているとされる。最高指導者は,アブ・マフディ・アル・ムハンディスとされ,勢力は,3万人以上(2014年12月時点)と自称している。

KHは,多国籍軍襲撃やイラク軍兵士誘拐を続発させたが,2011年12月の駐留米軍撤退後は,イラク国内での武装闘争を控えてきたとされる。他方,2014年1月に「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)がイラクで攻勢に出て以降は,政府やシーア派宗教指導者などの呼び掛けに応じて,治安部隊と共にISILとの戦闘に参加したとされる。イラクのアバディ首相が2017年12月,ISILに対する勝利を宣言した際には,「我々は米国がイラクの地を汚すことを許さない」とする声明を発出した。

なお,KHは,2011年3月にシリアで反政府運動が発生して以降,同国にメンバーを派遣し,アサド政権側の民兵として反体制派勢力との戦闘に参加させ,東部・デリゾール県などで活動しているとされる。

このページの先頭へ

ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。